まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒロハホウキギク

ヒロハホウキギク
キク科
シオン属
Aster subulatus Michx. var. sandwicensis (A.Gray et H.Mann) A.G.Jones

花は小さく、6mmから7mm程度。草丈は20cmから1m程度で、やたらと分枝し横に張り出すので幅を取る。ひょろっとしたものからずんぐりしたものまであり、同じものとは思いづらい。何年か生きる多年草のようで、前年の一見枯れた個体でも腋から新しい短枝状の枝を出したりいびつになって育つ。また、そういった個体では小さなしゃもじのような葉がつき、全くシルエットが異なる。
舌状花は薄い赤紫

頭花はホウキギクよりは大きいものの、サイズ的には目立たない。色があるので青々とした草地の中にあればそれなりに目立つが、明るい枯れ草の中に混じっていると正直ほとんど分からない。

ホウキギクとの間に、中間的形質のムラサキホウキギクという雑種を形成する。花期の冠毛が長く舌状花が有色(ヒロハより青味がある)の場合、そちらを考えるとよい。
なお、周辺ではヒロハホウキギクばかりでホウキギクはまず見られない。(ので、自動的にムラサキホウキギクもまず見られない。

某河川高水敷には大きめの花のオオホウキギクあたりもあるのだろうが、これまで確認はしていない。(また、いつもぶらつく範囲よりずっと河口方面に行けば何となく似たような雰囲気を持つウラギクあたりもおそらく見られるだろうが、徒歩なのでさすがに行ったことはない。)

全景の様子

ヒロハホウキギク 全景 枝の開出角はホウキギクより広く箒っぽくないとされるが、実際のところ多数の株を見るとかなりまちまち。

頭花の様子・総苞の様子

ヒロハホウキギク 花 ヒロハホウキギク 花 ヒロハホウキギク 花 ヒロハホウキギク 花・総苞
はっきりとした色味があり近くでは結構目立つが、せっかくのこの色も撮影では白飛びしてうまく行かないことも多い。ホウキギクの白とはだいぶ印象が異なる。
ホウキギクは筒状花の筒より冠毛が伸びるので花の中央部が毛深く見えるが、このヒロハホウキギクは冠毛が短く、花期には見えない。両者の雑種とされるムラサキホウキギクも冠毛は筒状花より長く出ている。
線形の総苞片が数段重なっている。

葉と茎の様子

ヒロハホウキギク 上の葉 ヒロハホウキギク 下の葉 ヒロハホウキギク 下の葉 本来の葉である下部の葉はヒロハの名の通りホウキギクと比べて葉が幅広く中央部が膨れ葉柄があるのだが、成長するにつれこの葉は枯れ落ちてなくなり、花と茎と上部の柄のない茎にかなり沿った目立たないほとんど線形の小さな葉だけになってしまうので直接区別には使いづらかったりもする。(環境次第。荒れた河川敷では下部がないのがほとんど。)

ヒロハホウキギク 葉基部 葉の基部はこのようになる。

花後と果実の様子

ヒロハホウキギク 花後 ヒロハホウキギク 果実 花後の膨らんだ様子(左の写真で右側に写っている最も大きなもの)と、果実(痩果+冠毛)の様子。かなり寂しい感じ。


花確認:
2006(F9)
2007(F8)(F9)(F10)
2008(F8)(F9)(F10)(F11)
2009(F8)(F9)(F10)
実確認:
2006(C10)
2008(C9)(C10)(C11)
2009(C9)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。