まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ケアリタソウ

ケアリタソウ
ヒユ科 アリタソウ属
123456789101112

Dysphania ambrosioides (L.) Mosyakin et Clemants

花は1.5mmから2mm程度、花弁がなく、白い葯が徐々に開き、葯がまるで花弁のように見える。草丈は50cm程度。
根元で大量に分枝して放射状に拡がり途中から上向きになる。
茎には長めの白い毛が生える。
葉は互生。
シノニムであるアカザ属としての学名ではケアリタソウはアリタソウの変種var. pubescensとしてありアリタソウの毛の多いものだが、変化は連続的とも言えるようなので分ける必要はないものかもしれない。
ただし、近辺には毛の顕著なもの以外は皆無。
(葯が目立つので花色は一応白に分類してある。)

全草の様子(花期前)、花穂、花の拡大
ケアリタソウ ケアリタソウ ケアリタソウ この花は地味だが面白い。
雌花と、雌性期と雄性期のある両性花がある。

葉と茎の毛、葉裏の様子
ケアリタソウ ケアリタソウ ケアリタソウ 葉はかなり長細く、大小まちまちだがはっきりした鋸歯。
茎には特徴である白い毛が生える。
葉裏には黄色い腺点、というか、黄色い油の浮いた腺点が大量にあり、ルーペより眼で見た際によく目立つ。
写真に撮るとうまく写らないのだが。


花確認:
2006(F9)
2007(F8)(F9)
2008(F9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。