まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオイヌタデ

オオイヌタデ トップ
タデ科
イヌタデ属
Persicaria lapathifolia (L.) Delarbre

花は1.8mm?2mm程度、草丈は50cm?1.5m程度で80cm?1m程度が多い。
花序は穂状で、下部の4、5花が咲き始めた段階でも4cm?5cm程度になり、果実が多く混じる頃になると6cm?8cm程度。一花も咲いていないほとんど緑のままの段階(2.5cm?3cm程度)から、多くは軸ごと斜めになっていて、先端は強く垂れている。

本種の変種とされるサナエタデがあり、全体が少しスマートで花序が立っていて、葉の脈数が少なく脈の感じも異なる(後述)。ただしどうもはっきりしない群落もかなり多く…変異の間があまり谷になっていない(2ピークが極端でない)のか、それともこれらが交配しているのか、私には分からない。

(併せて典型的なサナエタデの記事や「オオイヌタデ内」としている記事も参照、ということで。)

全景と花序の様子

オオイヌタデ 全景 オオイヌタデ 花序 花弁に見える萼の目立つ3脈は先端が二股でカールして戻り、先端に達していない。(サナエタデも同様。)
また、片には腺点があり、時期によっては黄色っぽい。
茎は随分上の方までよく分枝していてかつそれぞれががっしりしていて、太い
全体がぴんと直立するものはあまりない。
下部ではほとんど無毛だが上部では粉っぽいざらざらした微毛が多く生える。花序軸でもっとも顕著。

葉の様子

オオイヌタデ 葉 オオイヌタデ 葉 オオイヌタデ 葉裏
葉は下部の大きいもので15cm?20cm程度、上部でも形の整った葉は10cm程度ある。
葉形はサナエタデの典型的なものよりはバランス的に幅が広めで広線形か線状披針形で、やや等幅に近くなった部分がはっきりしているものが多い。
基部は一旦弱い円形で、最後は葉柄に翼状に流れる
葉柄は赤い。
縁はややよれる全縁で、細かい前方に屈曲する白い短毛が密。
表面は前方にやや伏した微毛がまばらに散生し、前方からさすると少し引っかかる。裏面は主脈上に前方にやや倒れた棘状の緑の直毛が密生、触ると引っかかる。大きな葉では側脈にも多少毛が生えている。面には腺点が密。
脈は間隔がつまっていて、片側20は超え30近くまではある。25程度が多い。
オオイヌタデ サナエタデ 葉の違い サナエタデよりやや外に開いた上にバランスが少し異なり、側脈の先端に主脈から垂線を引いた場合、主脈基部からその垂線までの長さと垂線の長さが同じかもしくは垂線の方が長い
典型的なサナエタデでは垂線の方が短い。
間隔がつまっているため側脈がしわしわな感じ。

基部側1/3くらいの位置に八の字か楕円、もしくは二本足のある弾丸形の、擦り付けたような滲んだ黒っぽい斑紋があるが、成長にしたがって消失するものが多く、また最初からない場合もある。
上部で小型に育った葉でも、脈の数や向きというかバランスも下部で大きく育ったものと同様。
(なお、もちろん伸びきっていない小さな葉でも同様。…展開するに従って脈が増えるわけではないので。)

茎の様子

オオイヌタデ 茎 茎の下部はややつるつるしていて赤紫の斑点がある。
節は膨れるものも見られるが、直接膨れがどうこうというより、オオイヌタデには主茎なみに脇枝がしっかりしている株が多いためそういった場合基部になる節は膨れ気味になる、という感じなのだろう。(サナエタデと混生しているとがっしりしている分太く見える。)
荒れ地に生えたひょろひょろ貧弱な個体では当然特に太くない。

托葉鞘は基部側が薄緑で透けず、太い脈が浮いていて、先端側は赤褐色で半透明膜質、脈は濃く前方に向かって密。古くなるとぼろぼろになり全体が赤褐色になり壊れている。

萼片の脈と腺点

オオイヌタデ 萼片の脈と腺点 腺点は先に記したが、脈が面白い。先で縁に到達せずにくるんと巻いている。


花確認:
2006(F7)(F8)(F9)(F10)
2007(F7)(F8)(F9)
2008(F8)(F9)
実確認:
2008(C8)(C9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。