まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ダンドボロギク

ダンドボロギク 全景
キク科
タケダグサ属
Erechtites hieraciifolius (L.) Raf. ex DC.

頭花は長さ2cmから2.2cm程度、径7mmから8mm程度。草丈は50cmから120cm程度。
筒状花のみで構成されるので地味だが頭花が結構大きいので、どうも不細工に見える。
属は異なるがベニバナボロギクに少し似ている。
最近は近所でも少しずつ殖えてきている。

全景

ダンドボロギク 全景 大型の個体は葉の長さも30cmくらいになる。見慣れていないと花の前に見かけると多分悩む。

蕾状態の筒状花・頭花と花柄

ダンドボロギク 筒状花が開く前 ダンドボロギク 筒状花開花後 ダンドボロギク 苞葉 ほろほろとした筒状花は、開く前はピンク。
徐々に濃いクリーム色のようになり、そのままタンポポ様の綿毛になる。
花は常に上を向き、ぴんとしている。
柄部分の途中と総苞直前には線形の小さな苞葉らしきものが見られる。

葉と茎の様子

ダンドボロギク 小型個体の葉 ダンドボロギク 大型個体の葉 ダンドボロギク 茎 葉は長細く10cm以上。鋸歯がある。また、基部が少し耳状に張り出す葉もある上短いので分かりづらいが一応柄がある。
花央は、大型個体の葉。小さい葉の場合はわりとしっかりして見えるが、大きくなるとかなり縁も寄れた感じでぺらぺらして垂れている。
茎には縦に筋状に色の濃い部分がある。

果実の様子(綿毛)

ダンドボロギク 果実(冠毛) かなり高密度な感じで向こうは透けない。
なお、この写真の群落のものはウシノタケダグサ様な色合いのものが多い。
強烈な日当たりの裸地。


花確認:
2006(F9)
2007(F9)(F10)(F11)(F12)
実確認:
2006(C9)(C10)
2007(C10)(C11)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。