まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

トネアザミ

トネアザミ 全景
キク科
アザミ属
Cirsium nipponicum (Maxim.) Makino var. incomptum (Maxim.) Kitam.

花は径2cmから2.5cm程度、草丈は80cmから2m程度。
それほど細くないがアメリカオニアザミが多い土地柄、ひょろっとスマートに見える。(家のすぐ周囲だと、この二種しか生えていない。)
花序の茎はよく枝分かれしてあまり開出せず弱い角度でほとんど上向きにそれぞれ長く伸びている。
千植誌によれば花は上向きから横向き、点頭まで、何でもありの困った種らしいが、近辺では頭花の柄がくねっと曲がって中途半端に斜めになっているものが多い。
徒長気味で派手さはないが花数は結構多くなるものがよく見られる。
家のそばでは林縁にしか生えていないため、花盛りの時期にはくもの巣だらけになっていることが多く被写体向きのものを見つけづらい。
茎はすっきりしている。
総苞片が開出しよく反り返ることが特徴のひとつ。
近辺では、やや暗めの林縁にまとまって生えていて明るい道路側にわりとくねくねもたれてきていたりする。

全景と花序

トネアザミ 全景 トネアザミ 花序 トネアザミ 花序 トネアザミ 花
トネアザミ もたれた個体 上部で大量に分枝してほとんど開出せずに伸びている。
この群落は薄暗い林縁の斜面にあるため、大型道路の歩道へもたれているものもわりと見られる。

花の様子

トネアザミ 花序 トネアザミ 頭花 トネアザミ 頭花開花前 総苞片は基部付近からよく曲がって反り返りくも毛が生えてまとわりついている。総苞全体は楕円状卵形。
やや小さめの花を多く着ける。
右は開花前。

葉の様子

トネアザミ 上部の葉 トネアザミ 中部から下部の葉 トネアザミ 切れ込みのない葉 葉は濃い緑に白がわずかに被ったような感じで、燻したような鈍いつやがあり無骨というか強い印象
深く切れ込むのが基本だが、浅い葉もある。無柄。基部はくさび状で茎を抱かない。
また、特に上部の葉はまったく切れ込まないものもある。
左右のバランスはけっこう綺麗に整っている印象。
葉の裂片の先端は細く鋭い棘になり、薄いクリーム色。
下部の葉は30cmから40cm程度と異様に大きい。根生葉は花期にはなくなっているものが多い模様。
右は、同じ場所に生える、葉の形態が異なるもの。

トネアザミ 普通の葉 トネアザミ 少し変わった、よく重なった葉 左は最も普通の葉。右は裂片自体が幅広くそれぞれが互い違いに重なり合って何だか少し不思議な感じ。

茎の様子

トネアザミ 茎 花の枝では若いためか粉っぽい微毛があるが、それより下では無毛でつるつるしている。縦の筋がいくつも走っている。

根生葉だけの幼生期

トネアザミ 幼生期 トネアザミ 幼生期根生葉 左は2月、右は3月末。赤みの少し入った鈍い燻した金属のような感じでより無骨。
葉脈の分かれ目部分が段々白っぽくなっている。


花確認:
2006(F9)(F10)(F11)
2007(F7)(F8)(F9)
2008(F7)(F8)
2012(F10)

宮城県版のアザミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。