まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤハズソウ

ヤハズソウ 全景
マメ科
ヤハズソウ属
Kummerowia striata (Thunb.) Schindl.

花は3mmから4mm程度、草丈は10cmから25cm程度。
葉腋に小さな花を1から数花つける。咲いているのは同時には1花がほとんどだが、よく見て数えると一箇所で5から7花も普通。
這い性が強く団扇のような形状に拡がるが、荒地ではその形態のまま立ち上がり薄っぺらで妙な格好になるものも多い。また、込み合った群落でもよく立っている。
節部の赤茶色の薄皮のような托葉がアクセントになり目立つ。
似たものにマルバヤハズソウがあり、花形、花色の分布、葉形、茎の毛の向き、托葉の質と形状によりあっさり区別できる。

全景の様子

ヤハズソウ 全景

花の様子

ヤハズソウ 花拡大 ヤハズソウ 花拡大 ヤハズソウ 花 左は紫の色合いが弱い個体で、竜骨弁先端と萼が薄緑に染まる。通常は右側のように、竜骨弁先端と萼は濃い紫に染まる。
旗弁は基部付近の筋状の模様が滲んで先端付近まで走り、全体的に水彩のような色になっている。きりっとしない。左右は平らになっている部分があって角丸四角状のシルエットになるものが多い。

ヤハズソウ 花を上から・花柄 小さくて目立たないがバランス的に花柄はわりと長く、3mm程度ある。
白い軟毛が密。萼は5裂し、上に裂け目が来るので上2片・下3片。下の3片は上の2片と比べかなり極端に大きくこれら3片には縁に前方に向いた白い軟毛が密。なお、そのうち左右にある2片は花から離れるように横に広がっている。

葉と茎、托葉の様子

ヤハズソウ 葉 ヤハズソウ 茎 ヤハズソウ 托葉 三出複葉で小葉の長さ1cmから1.5cm程度。葉は比重が基部側にも先端側にも強くならないバランスのよい細身の長楕円で、先端は大抵尖って突き出ている。
茎は白い毛でかなり毛深くなっている。茎の毛は伏して下向きになっている。
托葉は狭い三角形で一対あり、最上部の相当若い部分でのみクリーム色だが葉の展開も待たず直ちに褐色の薄皮状になり萎びてぴたっと茎にくっつく。マルバヤハズソウでは、托葉は葉のように広く大きくヤハズソウのものと比べるとバランス的に幅が倍程度あり卵形寄り、色はクリーム色に近い薄緑色で明るくきれいで、下部でもそのまま長期に渡って状態を維持する。

果実期と果実・種子の様子

ヤハズソウ 果実期全景 ヤハズソウ 果実 ヤハズソウ 果実と種子
偏平な卵形の果実にひとつの種子が入っている。若草色の果実表面の褐色脈が結構目立つ。(この後、段々全体が褐色になる。)

※両種の違いについてはマルバヤハズソウにも説明あり。

花確認:
2006(F9)(F10)
2007(F8)(F9)(F10)
2008(F9)
2009(F8)
実確認:
2007(C10)
2009(C9)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。