まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ナンバンギセル

ナンバンギセル トップ
ハマウツボ科
ナンバンギセル属
Aeginetia indica L.

花は花冠の見えている部分の長さが2cmから2.5cm程度、径1.2cmから1.5cm程度。草丈は4cmから7cm程度。ときに20cm等にもなるようだが周辺では唯一確認できるとある大群落ではどれも小型。
ちょっと不気味かもしれないが、見慣れるとぼてっ、ころっとして俯いている姿が妙にかわいい。
特に後ろから見た感じが哀愁漂って、何だかじっと眺めてしまう。
先端はもう少し開くようだが、この群落ではみなこの程度。
元々藪の中でひっそり育っていたが、草刈りで表に出てきた。
パープルとベージュ(~タン)のバランスが絶妙で、秋口にこれを見ると物悲しい感じもあって想いに耽ることができて嬉しい。

萼は一方だけが裂けて舟形、上方に立っていて先端は尖っているが、早々に黒変して痛んでいて分かりづらい。

花柄と萼の独特の模様が印象的だが、必ずあるわけではない模様。

イネ科やカヤツリグサ科への寄生植物で、ススキによく寄生している。葉はない。また、地上に出ているのは花柄のみ。茎自体は地下
確認済みの寄生相手:ススキ・メリケンカルカヤ・不明スゲ(おそらくヒカゲスゲ)。

群生の様子

ナンバンギセル 群生 わらわら。大群生。混みあってる感じもかわいらしいが、さすがにここまで密集するとちょっと不気味かもしれない。
草刈りされるまで全く気づかなかった、ススキやらが群生する丈の高い草むらの下に生えていた。

花の様子

ナンバンギセル 花 ナンバンギセル 花 ナンバンギセル 花の中 半開きで撮影は難しいが、花の奥中央にいきなりでんと開出短毛だらけの濃い目の肌色の巨大な饅頭型柱頭(正面から見ると円)のあるメシベが見える。オシベはその奥で常にほとんど隠れているので、他から花粉を運んでくる虫は限られると思われる。覗いた限りでは、ぱかっと開いて平たくなっている白っぽい葯を持つ、湾曲した短く太い花糸のオシベが4本あるようだが、分解したわけではないので詳細は不明。
縁は微細なフリンジ状だが、オオナンバンギセルと異なりほとんど目立たない。先端は浅く5裂し、上中央に境が来るので上が2片、下が3片で、塗り分けは上2片が赤紫、下3片が白。上下に塗り分けになるとは限らず、先端が赤紫で基部が白のものもあるようなので色の分布はまちまちな模様。
ちなみに、近所の唯一の、この群落ではみな一様に上下ツートン形の塗り分け。

蕾の様子

ナンバンギセル 蕾 ナンバンギセル 蕾 ナンバンギセル 蕾 蕾は渋い赤紫~褐色なので、枯れ草の上だと目立たない。筋状だがシンプルではないちょっと独特な切れ方の模様。

花後の様子

ナンバンギセル 花後 ナンバンギセル 花後 花冠は基部側から大抵朽ちていくようで、隙間が見えて段々せり出してぽろっと取れる。左の写真で朽ちかけて大きな柱頭のせいでちょうど引っかかっていただけの花冠を触ったら右のように落ちてしまった。

果実の様子

ナンバンギセル 果実 斜め上を向いてごろんと大きくなっている。柱頭は落ちるが花柱はある程度宿存する模様。
勝手なイメージ的に液果だと思ってしまったが、触ると堅かった。萼は焦げ茶になって痛んでぼろぼろと破れて失われていく。
いびつな卵形で、薄い橙から肌色。

ナンバンギセル 果実 ナンバンギセル 果実 ナンバンギセル _mi種子 ところどころ傷ついて裂けていて中が見える。果皮の内側には橙の膜のような内皮がある模様。

ナンバンギセル 果実 ナンバンギセル 種子 裂け目から薄い灰紫色(乾いたアンの色に近い)の微細な種子がこぼれている。表面は干しぶどうのようになっている。(肉眼ではまず分からないが。)
少し扁平な卵形。

根の様子

ナンバンギセル 根 ナンバンギセル 根 寄生してる様子を撮れないかと、ぐにぐにと寄生相手の脇の土を指で少しほじくってたらナンバンギセルに触れてもいないのにいきなりころっと取れてしまった。もっとしっかりついているものかと思ったら、ほとんど乗っかっている程度だった。こんなので栄養吸収しているとは。(…まぁ、たまたま外れかけていたのかもしれないが。)

数本引っかかってる細い縮れ気味の根はススキのもの。
茎は1cm程度しかなかった。厚みのある三角形のものは鱗片状の「葉」と思われる。(となると、花柄の基部の最も大きなものは苞と思われる。)


花確認:
2006(F9)(F10)
2008(F9)
実確認:
2008(C9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。