まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マルバヤハズソウ

マルバヤハズソウ 全景
マメ科
ヤハズソウ属
Kummerowia stipulacea (Maxim.) Makino

花は幅5mmから6mm程度、草丈は10cmから20cm程度だが長さそのものは30cm程度になるものが普通で、長いと50cm程度になっているものもある。
かなりよく分枝し複数回の羽状になるものが多い。下部はやや這い性がある。
ヤハズソウと似るが、よく見ると各部が結構異なる。
特に若い部分では、白い長軟毛がかなり目立つ

花序の様子

マルバヤハズソウ 花序 マルバヤハズソウ 花序

花の様子

マルバヤハズソウ 花 ヤハズソウとマルバヤハズソウの花の違い ヤハズソウより旗弁舷部がやや横に広い。また、縁形状はかなり丸く、平らな部分がない。旗弁基部(爪部)の濃い部分の滲み方にも違いがある。
右図は旗弁の立っている舷部の傾向を示した簡略図。
ヤ)左右に平らな部分があるものが多い。基部付近から先端の方まで滲んで筋状の濃い目の模様が走る。全体的によく滲み水彩のようになる。
マ)全体的に曲線。基部付近の模様は非常に濃く集中し、先端へは伸びない。全体的にはベタっぽく見える。

葉の様子

マルバヤハズソウ 葉 ヤハズソウとマルバヤハズソウの葉の違い 三出複葉で、小葉は1.5cm程度。ヤハズソウよりバランス的に幅がずっと広く、はっきりした倒卵形で先端は真っ直ぐないしやや窪む
若い葉の縁や裏面主脈上には長くて白い軟毛が密に生えヤハズソウより毛深い。ただし、育ちきった葉では毛はあまりない、というか、ほとんど無毛。

茎の様子

マルバヤハズソウ 茎 マルバヤハズソウ 茎 枝分かれした側枝の第一節には上向きに伏した長くて白い軟毛が密に生えるが、二節目には同じ毛が列毛状になり、その先では毛が少なく、と段々無毛でつるつるになっていく模様。
ヤ)伏した毛が下向きに生える。
マ)やや伏した毛が上向きに生える。

ヤハズソウとの比較(混生状態)

ヤハズソウ類 混生 ヤハズソウ類 並んだショット
右の写真では、左がヤハズソウ、右がマルバヤハズソウ。
最近よく攪拌されるとある土地(開発が盛んな場所なのだが、地均しやら何やらをなぜか何度もやっている。)では、元々別々に同じ土地に生えていたものが完全に混生している部分が多くなっている。
ヤハズソウ 茎と托葉 マルバヤハズソウ 茎と托葉 托葉の比較。こちらも左がヤハズソウ。
ヤハズソウの托葉は狭三角状で、最上部等若い時期のものから茶色く薄皮状で、やや茎に張り付いている。
マルバヤハズソウの托葉は古くなった部分以外では卵形で幅がかなり広く、色も白緑で、色の薄い葉状でかなり目立つ。古くなるまで縁は浮いてやや平らな形状を保っていて、茎にはあまり張り付かない


花確認:
2006(F9)(F10)
2007(F9)(F10)
2008(F9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。