まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ケチヂミザサ

ケチヂミザサ 全景
イネ科 チヂミザサ属
123456789101112

Oplismenus undulatifolius (Ard.) Roem. et Schult. var. undulatifolius

花は白っぽい部分(メシベ柱頭とオシベの葯)が2mmから3mm、小花は芒を除くと3mmから4mm程度、赤紫でよいアクセントとなる真っ直ぐな芒は一番長い苞穎のもので1cmから長くて1.5cm程度。花穂全体は4cmから15cm程度。匍匐して伸び先端を急に持ち上げ、草丈では8cmから40cm程度で15cmから20cm程度が多いが、実際の長さ自体は30cmから50cm程度あるのも普通で、たまに1mを超えていたりする。
株によるものの枝分かれも多く節毎に根も出ているので、よく育ったものはかなりしっかり張りついている。
一応緑に分類したが、何をもって花色とするか…まぁ仕方ない。
よく似たコチヂミザサという変種もあるが、本変種の方には花序や茎に開出して目立つ白い軟毛が大量に生え、また、基部がぷつぷつ膨れている長毛を持つ。
ただそもそも変異幅が大きく別の変種として扱わっていないことが多いと思われる。この記事は、単にはっきりしたものを紹介しているのみ。

全景

ケチヂミザサ 全景 ケチヂミザサ 全景 ケチヂミザサ 全景 果実期には渋赤紫に染まり、一見別の植物に見える。
ここを歩いてしまうとズボン裾がかなり悲惨。べたつく上に刺さるので簡単に取れない上、他のものまで引っ付いてくる。
左の個体は毛が多いもの、中央は短毛ばかりのもの。(右は写真の都合で分かりづらいが左同様毛だらけ。)

花の拡大と花序軸の様子

ケチヂミザサ 花序部分 ケチヂミザサ 花 ケチヂミザサ 花 ケチヂミザサ 花
ケチヂミザサ 花 軸からほとんど分からないような短い枝をまばらに出し、それぞれで2から5個程度の「小穂」をつけている。小穂は一つの花粒に見えるセットで、3本の芒が出ている。それぞれ後ろ首あたりから芒を出した2枚の苞穎で包まれた中は一応二つの小花となっているが、3本目の短い芒を持った第一小花(基部側)は退化していて不完全で、結実する第二小花と合わせて一つの塊に見える。
ころんとして光沢もあり、わりとかわいらしい。
芒は3本とも渋赤紫で光沢が強く、極めてよく刺さりなかなか取れない。
オシベの葯はすぐ花粉が出て終わり白くなってしまう。ちょっと残念。風によく揺れる。
2本出た太みの試験管ブラシのようなたまに薄桃色でほぼ白いものはメシベ柱頭。
花序軸には、短い毛が密生するのと別に長軟毛が散生して混じり、よく見ているとぱっと見よりもずっと毛深い。長い毛は3mmから5mmあり、長い毛の基部にのみ、ぷつぷつとした突起があるが、目立たないことも。

葉と茎の様子

ケチヂミザサ 葉 ケチヂミザサ 茎の毛 葉は2.5cmから4cm程度で横につんつん突き出ている。笹の葉を短くしたような形態で縁が波打つことが多い。
茎や葉鞘にはか移出した毛が目立つ。この部位の長い毛には花序軸の長毛と同様、毛基部にぷつぷつした突起がある。

巨大な個体

ケチヂミザサ 全景 たまにやたら長い枝を出して小穂をまばらな間隔で多めにぶら下げるものも見られる。
30cmを超えたあたりからこのようになる個体が増えてくるが、丈が高くてもひとつずつのものも結構ある。


花確認:
2006(F10)
2007(F8)(F9)
2008(F9)(F10)
2009(F9)(F10)
2014(F9)
実確認:
2007(C11)(C12)
2008(C10)
2009(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。