まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コニシキソウ

コニシキソウ トップ
トウダイグサ科
ニシキソウ属
Chamaesyce maculata (L.) Small

「花」(※実際には「杯状花序」)は花弁様に見える白い腺体の付属体が目立つ個体では径が1mmから1.5mm程度、付属体が目立たない個体では径1mmもない。雌花部の子房がころんと膨らんでも2mm程度にしかならない。よ開出して羽状に枝を分け地を這う個体が多く、全円が10cm程度から15cm程度のものが多い。
基本的にかたまって多数生える。
毛だらけなので暑苦しい。
粒々をまぶしたようにやたら多花の個体もある。
他の植物が極端に蔓延らない場所でよく育っていて、他の丈があり葉の茂る植物が殖えてくるに従ってわりとすぐに減ってくる。日差しや乾燥には結構強いので、よく日の照る街路樹植え込み脇のコンクリートとの隙間等で多く見られる。

錆病になっている個体が多い。

全景と枝の様子

コニシキソウ 全景 コニシキソウ 全景 コニシキソウ 全景 コニシキソウ 全景
よく這うが、短い場合や環境によって立っているものもそれなりに見られる。葉は対生し、枝は平面状で必ず前の節の際と逆の葉腋から次の枝が出る

花序と花の果実の様子

コニシキソウ 花と果実 コニシキソウ 花と果実 コニシキソウ 花と果実と虫
コニシキソウ 花序 コニシキソウ 花序 コニシキソウ 雄花が咲いている時期 コニシキソウ 雌花が咲いている時期
コニシキソウ 花序と若い果実 コニシキソウ 若い果実 ひとつの花のように見える塊は雌花ひとつと雄花4つが合わさった「杯状花序」と呼ばれるトウダイグサの仲間の特徴的な花序。
雄花が先に咲き、オシベを突き出して黄色い花粉を両側に多量に出した後、中央からメシベの柱頭が伸びてくる。花柱は3本に分かれそれぞれの先端で柱頭が小さく二又になる。
子房の柄はその時期には伸びていないため、雄花の間に埋もれて見えない。
子房はすぐに伸びてころんと膨らむ。
腺体の付属体は目立つタイプの場合でも、オオニシキソウと多少形状が異なりそれほど花弁様には見えない。そもそもその「印象」には大きさが強く影響していると思われるが。
また、付属体がほとんどないような株も多い。
雌花の花柄はすぐに伸びて、雄花花序の間から突き出して子房がころんと膨れ弱い稜があるでっぷりした卵球体になる。全体に白くバランス的に長めのぴたっと前に伏した直毛が散生する。

葉と茎の様子

コニシキソウ 葉と茎 コニシキソウ 葉 コニシキソウ 托葉 コニシキソウ 托葉
コニシキソウ 茎 濃い目の渋い緑の1cmに満たない葉。葉には基本的に渋赤紫の縦長の、滲んだもののはっきりした斑があるが、株内でもまちまち。若いほど目立つわけでも段々目立つようになるわけでもない。
オオニシキソウのようなやや二つに分かれる染まり方はしない。
縁には、かなり小さくて分かりづらいがぷつぷつと突起があり一応細鋸歯が数個だけある。また、サイズの都合でほとんどわからないだろうが毛のないはっきりした葉柄がある。
拡大してみないとわからないが葉面には独特の迷路のような模様がある。葉表は無毛、葉裏には斜上した縮毛が生える。
赤みが強い茎。茎には白い長めの斜上する縮毛が密生。節部にある線状三角形で1から数本の羽状から掌状に分かれているものは托葉で、片面に2枚ある。


【●オオニシキソウ】

花確認:
2006(F9)(F10)
2007(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F6)(F7)(F8)(F9)
2009(F7)(F8)
2011(F10)
2012(F8)
実確認:
2006(C9)(C10)
2007(C8)(C9)(C10)
2008(C7)(C8)(C9)
2009(C8)
2011(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。