まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カラミンタ・ネペタ

カラミンタ・ネペタ 花序
シソ科 カラミンタ属
123456789101112

Calamintha nepeta

またはカラミンサ・ネペタ。
和名なし、学名・流通名のみ。
花は唇形で幅6mm、もっと小さいかと思ったが遠目で見るより実際は大きい。
草丈は立っている部分で15cmから30cm程度だが下部が這って伸びているので実際の長さは50cm程度ある。
ハッカのようなというと少し語弊はあるが、似た系統のわりときつく感じる臭いがある。(すっきりはしている。)
園芸種だがところどころで逸出してかたまって群落を作っている。
全体的に花数がまばらで、しかも同時に咲いている花もそれほど多くないので、ややおとなしく見える。

カラミンサ、カラミント、レッサーカラミント、等の名で流通。
国内で流通するこの属の花はほとんどがこの種と、地が白ではない薄紫っぽいコモンカラミント(マウンテンバーム)、花の大きなカラミンタ・グランディフロラ。
よく似たものでより真っ白で花の多い、Calamintha nepetoidesというものもある。

花の拡大、花序と萼の様子
カラミンタ・ネペタ 花序 カラミンタ・ネペタ 花拡大 カラミンタ・ネペタ 萼の様子 カラミンタ・ネペタ 花
花数が多い部分では、遠目にはわりと綺麗に輪生っぽく見える。
小花柄ごと横を向いてつんと出ているのが面白い。ただし小花柄が先端間近で急に少し曲がっているため萼がかすかに下向きになるので厳密には真横ではない。
花冠は筒部のうち裸出している部分がほぼ萼と同長。裂け目から先は上唇がそれよりやや短い。
上唇は立ち上がらず真っ直ぐ前に伸びていて、下唇はやや縦長で平たく、やや下向きに垂れる。下唇は中裂し側片は横に強く張り出したり角度が変わらず前方に向いている。
萼は上下に二裂し、上萼は浅く太めに3裂、上に反る。下萼は2裂になり針状で鋭く上萼よりずっと長く、長い直毛が斜上して生える。こちらも上に反るので、長さと相まって花を支えるアームみたいで個性的だと思う。
萼全体には、微細な毛が密に生える。
葉と茎の様子
カラミンタ・ネペタ 葉 カラミンタ・ネペタ 茎 葉はかなり広く、広卵形。
鋸歯は4から5対程度あるが、段が浅いため目立たない。全縁に見えるほど低いものも多い。
つやはない。
脈の凹みが大きいく太いのと、脈の数が少ないことで、脈は目立つ。
葉の縁と茎には中途半端に伏した白い毛が密に生える。
シソ科らしく茎は四角い。


花確認:
2006(F8)(F9)(F10)
2007(F6)(F7)(F8)(F9)
2008(F8)
2014(F8)
実確認:
2006(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。