まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオバコ

オオバコ 全景
オオバコ科オオバコ連
オオバコ属
123456789101112

Plantago asiatica L.

花穂部分は大抵3cmから8cm程度、特に5cm程度が多い。
花茎の丈は8cmから15cm程度。田舎での明るい道脇草地の縁等では、30cm、50cm等極端に長い場合もある。(大概、周囲の別の植物も大柄になっているが。)
上手い時期に出会えれば、紫で鮮やかなオシベの葯を見られる。
かなり地味な花だが花冠もちゃんとあり小さな花でも頑張っているんだな~と思わされる。
ほとんどそれとわからない、薄茶色の花冠を持つが色分類は一応印象優先で緑にした。

常にほとんど閉じた萼の間から長い毛だらけの白いメシベをまず突き出して雌性期になり、その後隙間から花冠が覗いてきて持ち上がり、オシベは花冠の中に葯を残したまままず花糸がくねって長く飛び出て、最後に葯が飛び出る。

全景

オオバコ 全景 オオバコ 全景 若い葉はよく立ったままで、外側の葉もやや浮いていてべたっと地面に張り付いていない。

花序と花の様子

オオバコ 雌性期 オオバコ 雌性期からオシベ出始め オオバコ 花 オオバコ 花の拡大
オオバコ 花 子房下位で、子房の先端に茶色い鰹節のような薄膜で三角状披針形に4裂した平開した花冠と長い花糸を持った紫の葯のオシベと、ブラシのような白く長い花柱をつける。地味なので大抵の方はオオバコが花びら(花冠)を持っているとは思わないだろう。
長楕円から線形でやや円頭の、子房に4片張り付いてほとんど閉じているものは萼で、左右にははっきりとした白い縁がある。
特にオシベの出て行く過程が面白い。(花糸がくねってまず出て葯が最後なので形が面白い。)
花序軸には上に伏した短毛が散生している。

葉の様子

オオバコ 葉 オオバコ 若い葉 オオバコ 葉 オオバコ 葉裏
中途半端に半分立ち、地べたにはあまり張り付かない。
ほぼ無毛でややつやつやしている。若い部分を中心に白い短軟毛が散生しているが目立たない。
葉裏は毛が多い。脈上にも面にもかなり生えている。が、短くて目立たない。

果実について

写真がないが。果実は横断面に4の種子を配置、4から8個の種子が入っている。

※長柄の複穂状花序の特殊な個体群

オオバコ オオバコ 花 オオバコ 変わったタイプ。
この群落では元々このようなものではなかったのだが、2007年秋には複合花序でかつ異様に花柄が長い大きな株ばかりになった。(これまでたまたま気づかなかっただけかもしれないが。)
というわけで、この群落では花序は穂状ではなく、複穂状
花柄は2cm程度。
たまたま大きく伸びたから異様に見えているわけではなく、通常の個体は総状なので、構造自体が異なる
各花柄の基部には卵形で張り付いた非常に小さな薄緑のぷっくりした苞がある。


花確認:
2006(F10)
2007(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F5)(F6)(F8)(F9)(F10)
2011(F10)
2014(F8)
実確認:
2007(C9)(C10)
2008(C10)(C11)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。