まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウリクサ

ウリクサ トップ
アゼナ科
アゼナ属
Lindernia crustacea (L.) F.Muell.

花は唇形で幅4.5mmから6mm程度。
這い性が強めで、よく分枝する各枝はほとんど地べた付近にたまっていて高さは1cmから4cm程度。
花冠は青みのある紫と白のツートン
環境や時期により、茎や葉が赤く染まり、花の青系紫と相まって美しい。
花の周辺だけ立っていて花柄も長めで、花の正面が写った状態での全景写真は撮りづらい。

この仲間のオシベは特徴的で、上唇オシベと下唇オシベがそれぞれ一対ある。(後述)

全景の様子

ウリクサ 全景 ウリクサ 全景 ウリクサ 群落
花期には、既に散った花冠も色が残ったまま大量に落ちているので大群落では結構すごいことになっている。

花の拡大

ウリクサ 花 ウリクサ 花 ウリクサ 花 花冠はやや潰れて平べったい印象。下唇は急に下に垂れる感じのものが多い。
上唇は白く、狭三角形で二中裂していてそれぞれの先端は円頭
下唇は3裂し、やや角ばった感じがあるいびつな卵形で、縁だけわずかに色味が滲んでいるが、それ以外に中央裂片の基部に帯状に最も濃い紫のはっきりした染まりがある。
咲いている状態で見えている基部側(円錐の部分)は奥へ行くほど紫が濃くなっているが、外れて落ちた花を見ると、萼に隠れている等幅の筒部は白緑から白で紫味はない。
側裂片の内面(上を向いている)には、外側の縁の基部付近に腺毛が密。
下唇は内側の中央が黄色く染まっている。
萼はほとんどの部分が弱く合着していて本来の切れ目が窪み星型になっている。先端だけ正三角形で完全に裂けている。

ウリクサ オシベ拡大 ウリクサ オシベ拡大
【●上奥から生えるオシベ】
上唇の中の方に小型のオシベが一対、前向きに輪っかを作るように葯をくっつけている。葯の形が独特で大きく、三日月を二つあわせたような「かもめ」のようなもの。(一本の分が。)
【●下唇から生えるオシベ】
下唇の黄色い染まりの左右脇に一対、花糸が合着したらしい組織が前方に伸びていて、花冠と離れて棒状に突き出している。合着の終わり部分でほぼ真横に花糸が枝分かれして左右方向に出て、長く花冠内側をぐるりと巻いて輪っか上に上唇の中央で葯をくっつけている。
このオシベでは葯が小型。

葉の様子

ウリクサ 葉 ウリクサ 葉の拡大 葉は対生し、基本的に卵形から長卵形で基部が少し角ばるほどの円形、たまに心形になる。鋸歯は鋭くぴしっとした形状で丸みがない。2から5対程度。
縁には鉤状に前方に曲がった微細な毛が散生。
根元付近の葉は基部がくさび形で印象が異なる。鋸歯もまずない。

果実と種子の様子

ウリクサ 果実 ウリクサ 裂開した果実 ウリクサ 種子 (なお、花後萼先端が一旦ぴっちり閉じる。)
熟して裂開する最後の時期で、果実は萼よりわずかに長い程度でほとんど突き出ない。
種子は鈍い黄色でいびつな楕円形。表面はぼこぼこと凹凸が激しい。


花確認:
2006(F10)(F11)
2008(F10)
実確認:
2006(C10)
2008(C10)

宮城県版のアゼナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。