まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アカネ

アカネ トップ
アカネ科
アカネ属
Rubia argyi (H.Le'v. et Vaniot) H.Hara ex Lauener

花は淡黄緑で3mmから3.5mm程度、つる性だが巻きついたりくねくね曲がらず、少ない棘を他の植物等に効率的に引っかかけてでんと乗っかって伸びる模様。明るい林縁等にかたまって見られる。
30cmから3m程度。
葉も茎も黄色味のない緑色。
アカネ科を代表する、科の名称の種。
花冠はほとんどが5裂する。黒くややつやのある果実が特徴的。

引いた様子

アカネ _全景 アカネ 全景
左はものすごいことになっている。こうなると後が大変。毎年前の枯れた茶色いつるとごちゃごちゃに絡んで新しく育ち、どんどん大きく広がっている。

花序周辺と花の拡大

アカネ 花序 アカネ 花 アカネ 花の拡大 アカネ 花
アカネ 花 基本的に花はかなり多数つく。花冠表面に丸っこい突起が多数生えている模様。腺毛だろうか。
花冠は整っていて裂片は結構長く、よく反っている。オシベは葯が裂片のあたりに来る長さ。大抵オシベは周囲に開いて花冠にくっついて見えるが、合着しているわけではない。黄色い花粉を出している頃に見ればやや立っている。
メシベは、ふたつ並んだかわいらしい丸い柱頭と子房とをつなぐ花柱が極めて短い。

アカネ 花後ろと蕾と開花始め 花の後ろはすっきりしている。こうして見ると花色と軸の色の対比で色がよく分かる。右下のものは開花を始めた花。

葉と葉序・茎の様子

アカネ 葉 アカネ 葉 アカネ 茎 4枚輪生だが、実際にはうち2枚は托葉由来のものらしい。上部では二枚しかない部分が多い。なお、葉柄はバランス上結構長い。
長い葉柄があり、細めのハート形。ただしよく見ていると基部が円形や下手するとくさび形のものまである。葉脈が基部側の一点から出る。縁には棘がある。
茎は稜があり四角い。非常に短く0.1mmから0.2mm程度の下向きの鋭い棘が茎にまばらに生え、手で触るとよく引っかかる。

果実の様子

アカネ 果実 アカネ 果実 アカネ 果実
5mm程度の小さなもの。きれいな黒で、鈍めのつやがある。

花確認:
2006(F10)
2007(F10)
2008(F9)(F10)(F11)
2009(F9)
2010(F10)
実確認:
2006(C11)
2007(C10)
2008(C11)
2010(C10)

宮城県版のアカネ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。