まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コチヂミザサ

コチヂミザサ 全景
イネ科 チヂミザサ属
123456789101112

Oplismenus undulatifolius (Ard.) Roem. et Schult. var. japonicus (Steud.) Koidz.

ひとつの花に見える小穂は芒を除くと3mmから4mm程度、赤紫のアクセントとなる芒は1.5cm程度。花穂は全体は4cmから15cm程度。節で発根しながら枝分かれして這って伸びていて、持ち上がる部分だけで丈は通常10cmから20cm程度、ときに40cm程度と巨大なものもある。(這っている部分を含め全体では1m近いものも見られる。)
花序軸がほぼ無毛、あってもまばらに微毛が生える程度で茎や花序軸には基部がぷくっと膨れた長毛がない。葉は葉鞘につながる基部側の一部に極わずかな毛が生えるだけで全面無毛、葉鞘は縁だけ毛の基部に突起のない長い毛が生えたてがみのようになる。全体は、かなりスマートで尖った感じに見える。
毛が多いよく似たケチヂミザサという基準変種があるが、そもそもの変化が多くて別れないので大きく全部まとめてチヂミザサとする場合が多いと思われる。

全景

コチヂミザサ 全景 コチヂミザサ 全景 スマートで何となくかっこいい(?)感じ。毛がないか少ないので、軸の肋というか稜というか筋がよく目立つ。
ちなみに、芒が鋭く極めてよく刺さりしかもべたつく
近所でちょっと空き地を横切った後にズボンを見て大量についていたりするとかなり気落ちする。(よそへできるだけ持ち出さないために、そこですべて落とすようにしているので。最悪、靴紐に絡みながら刺さっているようなものもあり全部取るのに5分以上かかる。空き地を横切る目的は大抵「近道」のつもりなので、凹み具合は相当なもの。)
花序軸から短い枝を出して水平から下向きに数セットの小穂をつけている。ひとつの小穂はひとつのころんとした花に見える塊で、 芒が3本出ている。長いものは2枚の苞穎の後ろ首から出ているもので、更に短い3本目は、中にある退化した第一小花(基部側)のもの。第二小花は結実する。

葉の様子

コチヂミザサ 葉 コチヂミザサ 葉 葉は長さ3cmから6cm程度。


花確認:
2006(F10)
2007(F7)(F8)
2008(F10)
2014(F9)
実確認:
2006(C10)
2008(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。