まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キツネノマゴ

キツネノマゴ トップ
キツネノマゴ科
キツネノマゴ属
Justicia procumbens L. var. procumbens

花は幅4mmから5mm程度、草丈は8cmから15cm程度で、たまに環境によって巨大になり25cm程度。
穂状に花をつけるが同時に咲いている花数はせいぜい3程度と、少ない。
手入れの少な目の畦を含め青々とした草地の隅等に多く、拉致ではあまり生育がよくない。

全景の様子

キツネノマゴ 全景 時折、青味が強めの群落も見られるが、紫の色バランスのせいでそう見えるだけの場合もあるので注意。(白い紙と一緒に見るとどちらなのか分かる。)

花の様子

キツネノマゴ 花序 キツネノマゴ 花 キツネノマゴ 花拡大 キツネノマゴ 花の横顔
萼は基部付近で裂けて5片になり、片は線形・広線形で長細く花の裂け目よりも先まで伸びている。斜上する毛と腺毛が密生する。
花冠は唇形で下側がべろんと垂れていて大きく、模様も美しい。中央付近には横長の濃斑点が縦長の逆U字状に数個並んでいて、その外が薄赤紫に染まる。個体によってはくっつきが強くギアのような模様に見える。先端は浅く3裂し、裂け目の基部側は畝状に縦に少し盛り上がっている。裏面は長毛が多数生える。
上唇はほぼ立ち上がって卵形で先端はつまんだように伸びて小さくY字状に裂ける。
萼のせいで目立たないが苞があり、萼の2/3程度の長さ。披針形。

葉と茎の様子

キツネノマゴ 葉 キツネノマゴ 葉 キツネノマゴ 葉表
キツネノマゴ 葉裏 長さ2.5cmから3cm程度。
葉は対生し長卵形から長楕円、基部はくさび形。縁は弱い鋸歯状だがほとんど分からない程度。また、白い毛がまばらに生える。
表面には外に向かって白い伏した毛が生える。裏面には脈上に斜上毛が生える。
茎は稜があり四角く、稜に短い白い毛が生える。

果実と種子の様子

キツネノマゴ 裂けた果実 キツネノマゴ 果実と種子

花確認:
2006(F10)(F11)
2007(F7)(F8)(F9)
2008(F8)(F10)
2009(F10)
2011(F9)(F10)
2012(F8)

宮城県版のキツネノマゴ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。