まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

イヌコウジュ (赤個体)

イヌコウジュ (赤個体)
シソ科
イヌコウジュ属
Mosla punctulata (J.F.Gmel.) Nakai

花は小さく幅2mmから2.5mm程度、草丈は20cm程度。
この群落ではかなり赤い。
この種は時期を追って赤紫味が増えていくが、この群落は最初から赤紫の色味が強い。特に鮮やかなものもあり面白い。
同じ土壌に生える各種(科に関係なく)の植物について、かなり初期から赤紫になっているものが多いので、土壌要因でほぼ間違いないと思われる。

詳しくは他の記事を参照→イヌコウジュ

花の拡大と花序軸の様子

イヌコウジュ 赤 イヌコウジュ 赤 イヌコウジュ 赤 花序軸には長めの開出気味の毛が密生する。

萼の様子

イヌコウジュ 赤 下方から見たもの。
上方の裂片は3つとも同じ程度の大きさで、中央の裂片は角度が狭め。
イヌコウジュの特徴。

葉と葉裏の腺点

イヌコウジュ 赤 イヌコウジュ 赤 イヌコウジュ 赤 鋸歯は低く、数は、少ないものは5、6対だが、最大9対のものがある。
表面はルーペで見ても毛があるわけではなさそうなのだが(不明)、マットな感じ。
分かりやすい葉柄がある。7mm以上で、目立つ。
なお、最上部の、花序ぎりぎりの葉まで細長く通常の形状。

茎の様子

イヌコウジュ 赤 稜上に下向きに白い短い毛が生え、面にも短い毛が結構生えている模様。

やや弱い黄緑系のものと顕著な赤

イヌコウジュ 赤 イヌコウジュ 赤 左は少しましなものだが、緑は薄く黄緑の葉。これも赤紫の染まりがあるがくすんでいる。
大抵、段々と右のようになっていく。
カメラの設定のミスではなく実際にこのような鮮やかなもの。
イヌコウジュの仲間は元々段々赤紫に染まっていくがここのものは顕著で面白い。(おそらく栄養不足が影響しているので、花にとってはかわいそうな話かもしれないが。)


花確認:
2006(F9)(F10)
2007(F10)
実確認:
2006(C10)
2007(C10)

宮城県版のイヌコウジュ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。