まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コメナモミ

コメナモミ トップ
キク科 メナモミ属
123456789101112

Sigesbeckia glabrescens (Makino) Makino

花は頭花の径で5mmから7mm、総苞を構成する小花苞葉とは少し異なる飛び出た5枚の総苞葉は7mmから8mm程度。
草丈は30cmから60cm程度が多く、たまに1m程度になりさすがにコメナモミとは最初思えない。
葉が頭花の軸の手前までは基本的に対生し、側枝2本をかなり規則的に突き出し、全体的にはまばらに円錐花序状になる。
林内以外で特に日当たりがよいか寒い時期では、茎は赤紫になり、頭花の花冠もやや赤みが入ったりする。
各部、微毛のせいで粉っぽく見える。

(※全面改訂により前に持ってきた)

全景の様子

コメナモミ 全景 コメナモミ 全景 コンパクトカメラで曇の日に林の縁で撮ったためろくなことになっていないが、通常は撮りやすい方。
大型化していない限り葉が横に突き出ているので全景を撮ろうとすると葉が映らない…。

頭花花序周辺と頭花の様子・総苞葉の様子

コメナモミ 花序 コメナモミ 頭花 コメナモミ 頭花 コメナモミ 小花
コメナモミ 総苞葉 特徴的な総苞葉は、ヘラ形で5片から8片程度ある。中央脈のみ目立つ。上面(=内側)に多数の腺毛が生え、下面には腺毛が少なめ。縁や下面には肉眼では分からないような白い上向きに伏した短毛が散生する。(よく似たメナモミでは、毛むくじゃらに見えるほどはっきりした白い長毛が生える。)
頭花内では外周側の5から数個の小花は三叉の舌状花状になるが、目立たない。他の花は筒状花。各小花には苞があり、最外周の苞にははっきりした腺毛が密生しかなりべたつく。腺毛は透明の円錐状になった軸部分と、先端の丸い半透明で黄色の部分とでなる。面白いがちょっと気持ち悪い。
内側小花の苞には縁部に白い上向きに屈曲した軟毛が多く生えている。(短くて目立たない。)

葉と茎の様子

コメナモミ 葉 コメナモミ 葉 コメナモミ 葉縁
卵形から広卵形で基部はやや切形状、葉柄ははっきりしていて、身がある。基部よりやや上で分かれる縦の3主脈が目立つ。縁はくびれ側に若干丸みの出る間隔の長めな鋸歯になる。
裏と縁は伏したやや曲がった微毛・短毛が生えているが目立たない。
若い時期には表面に粉毛が目立ち、その後も脈状には毛が残る。
コメナモミ 茎 コメナモミ 花序軸 茎には白く短い屈曲毛が密生するがあまり目立たない。(フラッシュでよく光る。)
頭花の軸にはやや長めの白いやや開出して上向きになる屈曲毛が密生し他の部分よりかなり目立つが、メナモミのように長い毛にはならない。なお、この軸の下の葉は互生。
(頭花の手前辺りでは軸のない腺毛も少し生えている。)

果実の様子

コメナモミ 花後、覗く痩果 コメナモミ 果実 コメナモミ 果実
コメナモミ 果実 苞は倒卵形で先端は切形なので痩果部分をてっぺん(花冠との接続部)だけを開けて綺麗に取り巻くことができる。
痩果はみかんの房のようなくし切りの形状を楔のように細くした形状で、上の方が太い。稜は弱く丸っこくなっている。表面は無毛でべたつくこともなく黒く艶がある。よく見ると表面は不規則にぼこぼこしている。


花確認:
2006(F10)
2007(F10)
2010(F10)
実確認:
2006(C11)
2010(C10)

宮城県版のメナモミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。