まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アメリカフウロ

アメリカフウロ トップ
フウロソウ科
フウロソウ属
Geranium carolinianum L.

花は径8mmから1cm程度。草丈は5cmから20cm程度。競合相手がいない場合大抵、車輪のように赤い茎を四方八方に伸ばし低くべたっとしているが、場所により太い主茎を顕在化し完全に直立して50cmをゆうに超える場合もある。(シルエットが全く異なり、正直全く別の植物に見える。)
葉は深く特徴的に切れ込み、葉の縁や先端を中心に鮮やかに朱色に染まっている。
茎や葉柄は開出気味の軟毛に覆われる。
花は基本的にふたつセットでつく
花後はメシベが真上を向いて細長く伸びる。

全景の様子

アメリカフウロ 全景 アメリカフウロ 全景 それなりの環境でも結構茂り、葉数も多くなる。よく切れ込んで細い裂片の五角形の葉は面白い。茎や葉柄、花柄等とのコントラストで、少し離れた位置でもわりと目立つ。
結構よく蔓延ってえらい迷惑な雑草でもあるのだが、そんなことは気にせずに素直に見れば結構きれい。
初期に紅色に染まり緑の時期を経て後期には明るい朱色系に染まって枯れていく葉の色も美しい。

花序周辺と花の拡大

アメリカフウロ 花序周辺 アメリカフウロ 花序周辺 アメリカフウロ 花 アメリカフウロ 花
アメリカフウロ 花 花色はほとんど白に近い場合もあるが基本的にしっかり色味のある薄い少し渋めの薄桃色。花弁は狭倒卵形で先端中央が弱く凹む。脈は目立つとまでは言えないが、わりとはっきりしている。
メシベ柱頭は5裂し細倒卵体で薄い黄緑。倒れて開いている。
萼は狭卵形で3脈がはっきりあり、外脈の少し外側は色・質がやや薄い縁取りになっていて、軽く折れ曲がっている。下面には短い腺毛が散生、脈上にはより集中して密生していて、それ以外に全体的に開出斜上した長い白軟毛が密生するが、縁付近では特に長い模様。萼片先端は柱状に突起が出ていて真っ直ぐでやや硬質。

アメリカフウロ オシベ花糸 アメリカフウロ オシベ花糸 メシベには基部に白い軟毛が密生する子房があるのだが、板状に基部が広く肥大したオシベ花糸(白い)がほとんど完全に取り巻いているため膨らむまでは隠れている。上まで張りついていることを考えると、虫に食べられるのを防止する目的もあるのだろうか?

葉と茎の様子

アメリカフウロ 葉 アメリカフウロ 茎 大きくなるとこのようにやたらと深裂し裂片も細くなるが、生えたばかりの小さい頃は切れ込みが浅い(幼生期セクション参照)。
各葉柄基部には線形でひらひらした1対の托葉がつく。

果実と種子の様子

アメリカフウロ 若い果実 アメリカフウロ 果実期全景 アメリカフウロ 果実
アメリカフウロ 果実本体 アメリカフウロ 種子 黒と赤で目立つ。先端は2.5cm程度に伸びる。果実は下の方の黒く膨らんでいるもの。
萼部分は一旦赤くなり最終的には焦茶色になり枯れる。
ゲンノショウコ同様、長く伸びた花柱部分が割けて外側に巻き上がり子房部から種を弾き飛ばす。黒い毛だらけの卵体部分が、オシベ花糸に囲まれ隠れていた子房部。この中に種子がそれぞれひとつ入っている。
種子は微細な縦長網目の色のやや薄い盛り上がりがある。渋い灰紫から小豆色で、卵体。長さ1.8mm程度。

裂けて種子を弾き飛ばした果実

アメリカフウロ 裂開果実 アメリカフウロ 果実・種子 弾けたものの飛び出なかった種子も結構見られる。

幼生期

アメリカフウロ 芽が出て間もない頃 アメリカフウロ 若い株 葉 紅色や朱色に染まるので、結構目立つ。幼生期は葉の切れ込みが浅いので、若干異なった印象。


花確認:
2006(F4)(F5)(F6)
2007(F4)(F5)
2008(F4)(F5)
2009(F3)
2011(F4)
2011(F3)(F4)
実確認:
2006(C5)(C6)
2007(C5)(C6)
2008(C5)(C6)(C9)
2009(C5)
2011(C5)

宮城県版のフウロソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。