まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヤクシソウ

ヤクシソウ 全景
キク科
アゼトウナ属
Crepidiastrum denticulatum (Houtt.) J.H.Pak et Kawano

花は頭花の径で1.3cmから2cm程度で、多くは1.5cm程度。
崩壊地や隙間の大きい草藪なんかでややだらしなく伸びて倒れ気味に生え、先だけ立っている場合が多い。長さは30cmから1m程度。
それぞれ小さく密集した集散花序
何となくかびて腐ったような感じのくすんだ黒緑色の総苞の頭花蕾はぴんと直立し、咲くと斜め上から横向き。道から藪の方を見ると最盛期にかなり賑やかになる。
花後には頭花の各柄ごと下垂して何重もの滝のようになり面白いが、総苞の色が悪いのが特徴なのでちょっと気持ち悪い感じもある。

林縁でやや日のあたる場所で多く見られごちゃごちゃしているので姿を捉えた写真にならない個体が多く、大変。(整った小株はあるが、それだと「らしく」ない。)

全体と花序周辺の様子

ヤクシソウ 全景と周囲 ヤクシソウ 全景 ヤクシソウ 花序と全景 ヤクシソウ 全景
賑やかな最盛期には、独特のぴんとした蕾や独特の終わった花序の滝があまり混じらないとどうも別の植物といった雰囲気。
ヤクシソウ 蕾 ヤクシソウ 花後 ヤクシソウ 花序 ヤクシソウ 寒くなり染まった全景
下段の一枚目・二枚目は実は同じ株の一枚の写真から部分をトリミングしたもの。日当たり等の都合で枝ごとに生育に差が出ていて、左側には蕾ばかり、右側には終わった部分がわりと含まれていた。
秋も遅くなったり場所の都合等で寒くなると、右のように渋い赤紫に染まる。この方が腐った感じの黒緑色がなくて渋くカッコいいな、と勝手なことを思う。

頭花の蕾と頭花の様子

ヤクシソウ 蕾 ヤクシソウ 蕾 蕾時期。黒っぽくなった彩度の低い細長い円筒型で、急にぴんと立っている。総苞内片の背は丸い稜がはっきりしていて筋が目立つ感じ。
総苞外片は極端に小さく、下の方にかたまっている。

ヤクシソウ 花 ヤクシソウ 花 ヤクシソウ 花
ヤクシソウ 花後 盛大に咲く賑やかな頭花もひとつひとつ見れば若干弱々しい感じ。舌状花のみで構成され、10数枚。多いとも少ないとも言い難い。
花期の頭花の柄は1cm程度はある。柔らかく、花後はすぐにだらしなく垂れる。花後は中に花がない分、中央が括れて全体により細長い。先端から白い冠毛がほんの少し覗くようになる。

葉の様子

ヤクシソウ 葉 ヤクシソウ 中部の葉 葉は基部の少し手前で一旦ややくびれ、それより先で急にふっくらしている。下部の葉等ではこのくびれが葉柄状。最基部は耳状で左右でよく膨らんで、魚のような面白い形になる。
縁は間隔が広めで浅い、歯牙に近いベクトルの鋸歯。数がかなり少なくかなり不整だが、はっきりあるのは分かる。
茎は全体に比して細く1mmから1.5mm程度で、花序の賑やかさとのバランスもありもたれたり這ったりしている個体が多い。陽光地や寒い場所では染まりが出やすく、赤紫の細い線状の染み模様があるものも多い。(ノゲシなんかでも見られるのだが、何となく面白い。ただしちょっと気持ち悪い。)


花確認:
2006(F10)
2008(F9)
2010(F11)
2011(F10)

宮城県版のアゼトウナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。