まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カナムグラ

カナムグラ トップ
アサ科 カラハナソウ属
123456789101112

Humulus scandens (Lour.) Merr.

(※元々はクワ科だが分離された。)
雄花は7mmから8mm程度、「雌花※」は1.5cm程度(※ひとつの大きなものにみえるが実際には雌花花序。)。草むらや道路脇、林縁で見られる。つる性だが、棘を利用してよく引っかかって乗っかったり絡むタイプで巻きついて上るものではないので、林の高木にそのまま絡みついて覆うことはない。長さは数m。高密度になり一大群生するのが普通だが、あまり分厚くは重ならない。林内ではあまり見られず、光量は結構多く必要な模様。
雌雄異株
同属のセイヨウカラハナソウ(ホップ)やその変種カラハナソウとまぁ似てはいる。
秋の花粉症のメジャーな原因のひとつ。

全景の様子

カナムグラ 全景 カナムグラ 全景 カナムグラ 全景
カナムグラ 雄株 全景 盛大に育つ上、雄株は花序が賑やか(数だけは。)。

雄花序と雄花の様子

カナムグラ 雄花序 カナムグラ 花序 カナムグラ 雄花拡大 カナムグラ 雄花
カナムグラ 雄花 長い複総状花序で、花数は基本的に多い。10cmから25cm程度。長いものは更に長くなる。
花序軸・花柄・萼片とも明るい薄緑になることが多い。花序自体は全体におよそ立っているがひとつひとつの花は基本的に下向きで、白くて短く極端に細い花糸の先に曲がりの少ないバナナが日本合着したような形の長細い葯がついていて、微風でもぷらぷら揺れている。薄いレモンイエローで爽やかな色。…揺れすぎてかなり撮りづらい。
萼片は線状披針形でやや舟形、縁は白っぽい。萼片の外側には湾曲斜上毛が散生し、腺もあるようで少しきらきらしている。
雄花はひとつひとつがきちんと見えるので分かりやすい。

雌花序の様子

カナムグラ 雌花序 カナムグラ 雌花拡大 カナムグラ 雌花序
雌花はぎゅっと集まっている。密集している分、全体に小さい。花期は1.5cm程度しかない。大きな苞が重なり合ってひとつの塊に見える。広卵形で先の尖った苞で、縁毛は白く高密度な斜上する軟毛。表面も毛が多い。腺があるようで、きらきら光る。

葉と茎の様子

カナムグラ 葉 カナムグラ 托葉・葉柄・茎 カナムグラ 茎の微細な棘 葉は掌状になる。各裂片は筆先のような形で、結構整ってきれい。7cm程度のものが多いが、大きいものでは20cmを越える。表面は極端にしわが深く細脈まで目立ち、つやは全くない乾いた感じで、ごわごわ・がさがさしている。少し丸みのついた鋸歯が密。
葉腋には1対の線状披針形の苞が突き出ている。室は葉と同じ。
茎には稜があり、線状に並んで非常に短い下向きの棘が生える。短いため触ってもほとんど痛くはなく、ざらつきとともに粘っているような感触になる。(実際には刺さっているのだが。)
個体差や日当たり、土壌等の要因で茎や葉柄がたまに赤褐色に染まるが、刺やその周りは染まらないので面白い縞模様になる。(地味な植物だが、上の雌花花序の写真のもののように捩じれていると結構きれいだと思う。)

果序の様子

カナムグラ 果実 段々肥大し、雌花花序は果序になると3cmからときに5cm程度になっている。

果実と種子の様子

カナムグラ 果実 カナムグラ 果実 カナムグラ 果実
カナムグラ 果実の拡大 苞の間にごろんとアサリのような果実(痩果)が乗っている。灰褐色ベースの色々な色・濃さの絶妙な模様があるので複雑。糖衣錠のようにエッジの緩い膨れた円盤に、頂点側にはアサリの目(実際には目ではない)のような花柱部がある。縦に数本筋があり、そのあたりには立った縮毛がある。

カナムグラ 果実上部 カナムグラ 種子 カナムグラ 種子の中 果皮を剥いてみると、硬い種皮のある種子がひとつ入っている。キャラメル色でエッジがしっかり立っていて、偏円形を両面で膨らました形で、先端(花柱側)にはハート型の押し出しがある。
更に硬い種皮も剥いてみると、中は渦巻きが詰まっている。乳白色の透けない渦巻きは拡げると薄い帯状の子葉。半透明で色味がない方は根。芽出し早々子葉が大きいのは育ったのではなく最初からそのサイズで見事に格納されているためと分かる。
種皮側についていて分かりづらいが半透明乳白色のワックスがかたまったように見えるものはおそらく胚乳と思われる。

越冬後の果実の様子

カナムグラ 果実 随分取れ落ちて寂しくなっているが、やや残っていた。
明るめの橙褐色の茎に薄い灰色になった棘の点々が目立つ。

芽出しの頃

カナムグラ 芽出し 脈の窪みがというか彫りが深くしわしわに見える。線形で平たいやたら大きなものは子葉。(種子のセクション参照。)

産卵風景

カナムグラ キタテハが産卵中

花確認:
2006(F10)
2007(F9)(F10)
2008(F9)(F10)(F11)
2009(F8)(F9)(F10)(F11)
実確認:
2006(C10)
2007(C10)(C11)
2008(C1)(C2)(C10)(C11)
2009(C11)

宮城県版のカラハナソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。