まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ 全景
タデ科
イヌタデ属
Persicaria sagittata (L.) H.Gross var. sibirica (Meisn.) Miyabe

花は2.5mmから3mm程度、草丈は30cmから50cm程度。
花弁はなく、先端が鮮やかな花弁様のものは萼。
鮮やかに紅葉するのが美しい。

蕾と開花状態
アキノウナギツカミ 花序 アキノウナギツカミ 花序 ぶら下がっているのは褐色になった萼に包まれた痩果。

葉と茎
アキノウナギツカミ 葉 アキノウナギツカミ 茎 葉が斜上から横向きでつく。長楕円状披針形で基部が真後ろに茎を挟んで伸びている。なお、裏から撮らないと分かりづらいのだが、葉柄はしっかりある。
基部より上に甘皮のような托葉鞘がある。縁毛はない。付け根から枝や花序が出る。
茎には、稜上に下向きで短い硬い棘が生える。「短い」とは書いたがこういった仲間の中では長いので結構目立つ。もちろん見た目どおりよく刺さる。
棘のつきはイシミカワと逆。イシミカワは茎の棘は少なく、花序軸にびっしりと生える。
こちらは、茎にびっしりと生え、花序軸にはほとんど生えない。

紅葉したもの
アキノウナギツカミ 紅くなる時期の葉 アキノウナギツカミ 赤くなる時期の茎 鮮やかな明るい赤。

果実(痩果)の様子

アキノウナギツカミ 果実 アキノウナギツカミ 果実 痩果は黒くつやつやして3稜形、円形に角だけついたようなほぼ平面が3面集まっている形状。
ちょっと困ったことが…。
どんな虫が食べたのか分からないのだが、大群落内のほぼ全ての株で萼に丸く穴が開き痩果までも丸く穴が開いてその中身が丸ごとなくなっていた。
穴は直径1mm。周囲には甲虫の幼虫らしい漆黒でつやつやの芋虫状の虫がいたが、それなのかどうかは分からない。
というわけで、この写真は必死に探したものを撮ったもの。

他の葉の比較 変わった葉を持つこの仲間の比較。


花確認:
2006(F11)
2007(F9)(F10)
2008(F9)(F11)
2009(F10)
実確認:
2006(C11)
2008(C9)(C11)

宮城県版のイヌタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。