まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒレタゴボウ

ヒレタゴボウ トップ
アカバナ科 チョウジタデ属
123456789101112

Ludwigia decurrens Walter

花は2cmから3cm程度で、株により1cm程度しかない場合もある。わりとまちまち。草丈は40cmから1.5m程度で、環境がよいと多数の枝を斜上して分け高く伸びる。葉が細いため印象はわりとスマートだが枝はよく開出するので結構幅をとる。
田んぼ内や水路等の湿地に見られ、大抵窮屈にひしめいて群生する。
葉や茎等各所の緑の部分は段々強い赤紫に染まる場合が多い。
チョウジタデ等のような細い棒状の円柱果実ではなく、細いがしっかり形があり角のある膨れた果実になる。
午前中にはきれいに咲いているが、すぐ萎れて上に巻いてくるため午後には整ってよく開いた花は少ない。

全景と花序周辺

ヒレタゴボウ 田んぼの水路に密集する群落の様子 ヒレタゴボウ 全景 ヒレタゴボウ 枝先 田んぼやその水路に生えてしまうと、農家の方はきれいだの何だの言っていられない。密集する群落で、質もしっかりしているのでかなり邪魔。

ヒレタゴボウ 全景 ヒレタゴボウ 全景 ヒレタゴボウ 全景 ヒレタゴボウ 枝先
大きな株では、上の方はつんつん線のように細い葉も多い。横から見ると弧を描いていて茎の延長のようになり図形的にきれいな形。
枝先が全体的に途中から「花序」に分化しきっているわけではなく、花がついたり途中つかなかったりまちまちになっている。

花の様子

ヒレタゴボウ 枝先 ヒレタゴボウ 花 ヒレタゴボウ 花 ヒレタゴボウ 花の横顔
ヒレタゴボウ 花 ヒレタゴボウ メシベ柱頭と花粉 ヒレタゴボウ メシベ柱頭と花粉と花弁基部の膨らんだ蜜腺 節に4mmから5mm程度のかなり短い花柄を出して咲くが、萼の下の子房が長いため横からは何となく長い花のように見える。(子房は花期には細身の倒四角錐。)

角の丸い菱形の花弁はそれぞれやや離れていて、隙間が大きい。中央脈とそのから伸びる羽状脈はかなりはっきりしている。
花弁基部は饅頭のように偏平に膨らんだ蜜腺になる。よく見るとこれにはウスゲチョウジタデのものと同じように微細な毛が生えている。
萼片は花弁同士の間にあり、花弁の菱角辺りまで伸びる。長卵形ベースで先はつまんだように伸びている。
柱頭ははっきり大きく膨れ、花柱と併せて見るとこん棒と電球を足して二で割ったようなシルエット。薄い花柱より濃い目の黄色で、ころんとしている。中央をよく見ると十字に薄く切れ込んでいるのが分かる。
オシベは花糸が短く葯は長細く、褐色。薄い黄色味のある、長細い花粉が多量に出ている。

葉と茎の様子

ヒレタゴボウ 葉 ヒレタゴボウ 葉 ヒレタゴボウ 葉 ヒレタゴボウ 葉
ヒレタゴボウ 茎のひれ(翼) ヒレタゴボウ 茎のひれ 葉は極細の狭卵形等、基本的に細いものが多いが、結構太いものも見られる。基部は円形。多くは重心が基部側に寄るが、逆のものもたまにある。
鈍めのつやがある。微毛があり、葉縁等では少し目立つ場合もある。
葉柄はないか1mm程度。
茎には、葉のから下に流れ茎の稜になる部分は、名の由来となるひれ(翼)になっている。薄いので光が透ける。

果実期の全景と果実・種子の様子

ヒレタゴボウ 花後の全景 仲間の他の植物と違いかなりはっきり膨れた果実なので、花後の株を見ると面白い。

ヒレタゴボウ 若い果実 ヒレタゴボウ 若い果実 ヒレタゴボウ 果実
ヒレタゴボウ 果実 果実は長さ2cm程度あり、角が顕著で、棒状ではなくはっきり膨れた形状。花期には倒四角錐だが段々下部も膨れ太い角柱状になり、基部は四角錐に細まる。角は薄い翼状になっていて透ける。
上から見ると正方形で、9つの痕跡が模様になって複雑で面白い。
萼はしっかりしているのでしばらくは宿存しているが、そのうち脱落する。

ヒレタゴボウ 果実 ヒレタゴボウ 割けた実 ヒレタゴボウ 種子
萼もなくなりよく熟して乾いてくると、上から丈夫な筋を残して裂開する。
種子は明るい薄めの褐色で、全体に平滑で丸いが腹側は縦に長く稜がある。

花確認:
2009(F11)
2010(F11)
2011(F9)
2012(F8)
実確認:
2009(C11)
2010(C11)

宮城県版のチョウジタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。