まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメジョオン

Erigeron annuus (L.) Pers.

※ムカシヨモギ属とする場合もある。

花は1.5cmから大きいもので2cm弱程度、草丈は30cmから70cm程度。
ハルジオンと異なり、真冬を除けばずっとどこかしらで咲いている。
花茎上部全体が強く逆さJ字にうなだれて育ってはいないが、各枝先は強くうなだれているのが普通なので、その辺りをハルジオンと勘違いしないよう…。

ハルジオンほど多くないが、舌状花が桃色に染まるものもたまに見られる。(寒くて染まったもののことではなく。)
ただ、白ではないものでは、桃色のものよりは薄藤色というか灰水色っぽい色に染まるものの方が多い。

全景の様子

ヒメジョオン 全景 ヒメジョオン 全景 ヒメジョオン 全景 かなりしっかりしていて、主茎は真っ直ぐぴんとしている。

頭花の拡大と蕾・頭花の裏(総苞)

ヒメジョオン 頭花 ヒメジョオン 頭花の後ろ(総苞) 頭花は浅皿状。離れて見ると舌状花は糸のようかもしれないが、実際はそれほど細くない。まさに綿製の糸が放射しているようなハルジオンと比べると、ずっと舌状花っぽい。
また、ぴんと張っている。
舌状花も多いが、中央の筒状花もかなりの数になっている。筒状花の色は黄緑系というか渋めの黄色で、赤味がほとんどない。
裏から見ると、総苞はかなり開いていて浅皿状。総苞片は線形。開出気味の毛が散生する。

葉の様子 表、裏の拡大

ヒメジョオン 下部の葉 ヒメジョオン 葉
下部から中部くらいまでは細い鋸歯がはっきり切れ込む太い葉がつくものが多いが、かなり多様。上部ほど鋸歯は低く目立たなくなり、数も減る。
基部はくさび形から漸先形で茎を抱かない。ハルジオンとの区別点のひとつ。
ヒメジョオン 葉 ヒメジョオン ヒメジョオン 表面はほぼ無毛なのだが、よく見ると少しだけ生えている(数えられる程度しか生えていない。)。
縁には先端向きのカギ形に伏した毛が生える。

茎の様子

ヒメジョオン 茎 角(稜)がある。葉よりは毛が多い。また、毛は稜に多い。が、全体に毛は少なめ。
上向きのカギ形に伏した毛。
草刈等で上がないものがちょこちょこ見られるので中を見ると、茎は中実。(髄質が詰まる。)
中空のハルジオンとの区別点。なお、いちいちちぎって傷つけなくとも、触れば強く押したりすることすらなく分かるので、ちぎって回らないで欲しい。

幼生株の様子

ヒメジョオン 幼生株 ヒメジョオン 幼生株 ヒメジョオン 幼生株 冬はロゼット。細くひれ状に身はあるにはあるが先端の葉身とはっきり別になった長めの葉柄を持ち、先端の葉身は卵形から広卵形
なおハルジオンのものは基本的に葉柄と葉身の境がはっきりせず細身で、全体がさじ状になる。


花確認:
2006(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F12)
2008(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F11)(F12)
2009(F6)
2010(F11)
実確認:
2008(C6)(C7)(C8)

宮城県版のヒメジョオン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。