まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

セイタカアワダチソウ

Solidago altissima L

花は頭花の径で7mm程度、草丈は50cmから2.5m程度。1m程度が多い。
細いシルエットでブラシのように整った長さの葉を多数つけて直立し、上部で黄色い「(」の黄色いブラシをいくつも出してきれいな円錐形になったはっきりした花序をつける。
アキノキリンソウと花期がある程度重なり直立し丈のある小さな黄色い花を大量につけるキク科ということでどうも自然と親しんでいない人の間では混同されたりもするが、正直かなり異なる。
相当かたまって生えるため土手や空き地が遠くから真っ黄色になっていることが多い。
目立つことと邪魔なこと、大群生すること、風で綿毛が飛びまくるのと、秋の花粉症と時期が被ることからか、高齢の方の中にはこれを「ブタクサ」と思い目の敵にしている方が結構いるのだが、もちろん関係ない。そもそも風媒花ではないので花粉はほとんど風で飛ぶことはない。

全景の様子(開花前と花期)

セイタカアワダチソウ 開花前の全景 セイタカアワダチソウ 全景 元々緑でひょろっと縦に立ってまとまっていたものが段々開いて開花に向かう。咲いた頃には斜上してから重みで曲がって水平に開いている。

花序と頭花の様子

セイタカアワダチソウ 花序「一本」 セイタカアワダチソウ 花序「一本」横から
遠目や上から見ると試験管ブラシのような形態なのかなと思ってしまうが、すべて頭花の柄が軸に沿って伸び頭花基部で急に曲がって上を向いているので横から見ると上面にしか花がないことが分かる。
セイタカアワダチソウ 花の拡大 セイタカアワダチソウ 花の拡大
軸と頭花の柄自体も色が明るく薄めの黄緑で、花に埋もれた感じになる。
頭花には舌状花が8から10弱程度だけあり、舌状花冠の形状は極細の倒披針形、ただし先は尖っていない。筒状花は2から5程度で3のものが多い。きれいな星型で花冠裂片の縁はやや肉厚になっている。
花冠もシベもすべて黄色いので細かい部分が分かりにくい。
花冠先端よりも高い位置にオシベの葯が筒状に合着した部分があるためばらばらな花糸がその下に見えている。
花冠の奥には蜜が溜まっている。

葉と茎の様子

セイタカアワダチソウ 葉 セイタカアワダチソウ 葉 セイタカアワダチソウ 茎 葉は披針形・倒披針形から線形。かなり濃い緑。表面には微毛が生えていてつやがない。
葉柄は一見ないが、茎に沿って張り付くように上に向かっている部分がちゃんとある。
葉腋の上部に寸詰まった枝が出て放射状の葉片がつくが、この枝がこれがしっかり伸びて長い枝になっていることは少なめ。このため大抵が一本で直立しているだけのシルエットになる。
茎は開出気味の白い短軟毛が大量に生え毛深い。

果実期

セイタカアワダチソウ 果実 細かい薄い灰褐色の冠毛が生え、小さいので埃のような感じ。


花確認:
2006(F10)(F11)(F12)
2007(F1)(F10)(F11)(F12)
2008(F10)(F11)
2009(F10)
2010(F10)(F11)
実確認:
2006(C11)(C12)
2007(C1)(C11)(C12)

宮城県版のアキノキリンソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。