まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オヤブジラミ

オヤブジラミ トップ
セリ科
ヤブジラミ属
Torilis scabra (Thunb.) DC.

花は花径2mmから2.5mm程度で複散形花序になる。草丈は40cmから60cm程度になり、葉も枝も多いが枝の開出角がそれほど大きくないせいか全体にスマートに見える。
色合いは青々とした感じよりは、アントシアニン系の色素が多めなのか若草色系が被っている感じ。緑も紫も彩度は低めだが、明度はやや高いのでふんわりした色合い。
葉縁や茎の稜等、各所の縁(ふち)になる部分ほどよく染まっているのでまたその複雑な色合いが美しい。
全草が染まる個体もわりと見られる。
逆にこの色素がほとんどまたはまったく発現していない個体(花は白花かほぼ白花になる)もちょこちょこ見られる。こうなると遠目では一瞬ヤブジラミっぽい。
柔らかく繊細で均整の取れた細かい切れ込みの葉が美しく、手触りもよくさらさら手で撫でると嬉しくなる。
花数や葉の感じ等から受ける全体的な印象も異なるが、果柄がかなり伸びることや花序の大総苞が大抵1枚多くつく場合も花柄の数には追いつかないことでヤブジラミと区別できる。

全景の様子

オヤブジラミ 全景 オヤブジラミ 全景 オヤブジラミ 全景 緑色でもふんわり黄色被りで柔らかい色合い。

花序と花の様子

オヤブジラミ 花序 オヤブジラミ 花序 花序は複散形(シンプルな二回散形だが、まれに小花序に枝ができる部分もある)になっていて一回目は3から5方に放射状に斜上して出て、各小花序は3から8花程度で7花程度が多く、放射状に斜上。
小花序内で同時に開花している花は3花程度。すっきりしている。

オヤブジラミ 蕾 オヤブジラミ 蕾 蕾はかなり濃い紅色。これの印象もあり、花序全体の色合いがかなり「ピンク系だ」と印象付けられる。

オヤブジラミ 小花序 オヤブジラミ 花 オヤブジラミ 花
オヤブジラミ 花 オヤブジラミ 花の拡大 花弁の縁の染まりがきれい。何となく見ると倒心形っぽい(ハートのような)が、よく見ると先端中央の窪んだ部分は狭三角形の棘のような細い尾状になって立体的に花中央側に折り返されている。肉眼ではほとんど分からないが、随分複雑な形状。
花弁は外向きに位置するものほど大きい
オシベの葯はヤブジラミと異なりクリーム色。花粉は白。オヤブジラミは全体に白いのに葯色は薄い赤紫。ここだけ逆転しているようで面白い。

大総苞・小総苞の様子

オヤブジラミ 大総苞 オヤブジラミ 大総苞が葉のように 大総苞は大抵1枚でたまに数枚あり、花柄の数より少ない。基本的に線形で花柄に張り付くように上に伸びているが、たまに葉と同じような形状になっている。

オヤブジラミ 小総苞 小総苞はしっかり小花柄毎に1枚ある。線形で小花柄に張り付くように上に伸びる。

葉と托葉と茎の様子

オヤブジラミ 葉 オヤブジラミ 葉 オヤブジラミ 葉 オヤブジラミ 紫の葉
二回三出羽状複葉か三回三出羽状複葉。複葉・全裂・深裂の差はあれ、最終裂片まで何度も羽状の形態を繰り返し、繊細で細かい、整然とした造形
各段階で裂片同士がかすかに一部重なることと各裂片の縁がわずかに持ち上がって浅い皿状になっていること、更に、面が最も明るく色が薄めで縁にかけて段々色が濃くなることで、全体に均整がある美しい立体感と柔らかさを感じる。
触っても葉質は実際さらさら柔らかいが、だらしなく垂れたりしていない。

オヤブジラミ 托葉 オヤブジラミ 茎 葉の基部から複葉の第一節まで、葉柄の縁には角丸長方形の翼(ひれ)が続く。この翼は上面側で途中がくっつくようにきれいに閉じている。
葉腋から出ている枝はこの中をくぐっているが、翼は特に合着自体はしていない模様で、いずれ枝が立ち上がって露出する。
托葉が葉柄と合着しているものなのだろうとは思うが、実際のところどういう構造物かはよく分からない。盛り上がった脈が数本あり、よく渋い赤紫褐色に染まっている。縁は白く薄いが透けてはいない。
茎は稜のはっきりしない波状の畝になっている。
基部付近で急激に屈曲し下に伏した白い短剛毛が散生している。
葉柄・葉縁・葉裏・花柄・葉柄の翼(合着した托葉らしきもの)・大小総苞等、「茎ではない部分」には上に湾曲斜上しあまり伏していない白い短剛毛が散生。

果実

オヤブジラミ 果実 オヤブジラミ 白系の果実・果序 オヤブジラミ 果実 果柄は果実部の2倍強から数倍になりかなりよく伸び、一見して果実同士がばらばらに見える。果実数もヤブジラミと比べればずっと少なく半分以下なのでまったく印象が異なる。
2分果で、中央の糸状の中軸胎座に分果が倒心してつくので基部側から外れて糸の先端に分果がぷらぷらぶら下がる
外側は隆条と低い面部分とでなり、面の方が色が暗く濃く、この部分に斜上する赤紫の鉤状のややうねっとした毛が密生する。

幼生期の様子

オヤブジラミ 幼生期 オヤブジラミ 幼生期 オヤブジラミ 幼生株 右の大きくべたっと広がったものはともかく、まだ小さいロゼットでは最盛期の細かく高密度で触ると柔らかく気持ちよい葉とは印象が異なる。葉の裂片も鋸歯もそれほど整然としていない。

青々としたタイプの群落にて

オヤブジラミ 白花で緑の個体 オヤブジラミ 白花 ヤブジラミじゃないので注意…。葉の感じも花序(果序)も葯色も異なり、大総苞も1枚。(※大総苞は、実は上で掲載している大総苞の写真がこの群落のもの。)
日向でも染まらない個体はあるがそもそも日陰では染まりにくいので林内等ではこういう個体が普通なので、色では判別しないこと。


花確認:
2006(F4)(F5)
2007(F5)
2008(F5)
2010(F5)
2011(F5)
実確認:
2006(C5)
2008(C5)(C6)(C7)(C8)
2011(C5)

宮城県版のヤブジラミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。