まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アキカラマツ

アキカラマツ 全景
キンポウゲ科
カラマツソウ属
Thalictrum minus L. var. hypoleucum (Siebold et Zucc.) Miq.

花は6mm程度、草丈は40cm~80cm程度。
花弁のように見える萼は、咲いて後すぐに取れ落ちてしまう。
大きな円錐状花序を形成し目立つが、スタイルはブラシのように密集するものからかなりまばらになるくらいに拡がるものまである。
里山周辺等自然度がある程度高い林縁の農道脇なんかに見られる。
小花柄は7mmから8mm程度で、近縁のコカラマツ(オオカラマツ)は1cm~数cmになる。
母種が同じなので、変種関係。

全景の様子

アキカラマツ 全景 アキカラマツ 全景 アキカラマツ 全景 花序のつまり具合はまちまち。一応、群落ごとに偏りがある。
1枚目のようなまばらな方が好きだが、ピント合わせがしづらい。これだけ伸びていても、アキカラマツの場合あくまで小花柄は短い。

花序と蕾・花

アキカラマツ 花序 アキカラマツ 花序 アキカラマツ 花序 最盛期は賑やか。

アキカラマツ 花 アキカラマツ 花 アキカラマツ _tubomikaika
萼はすぐ落ち糸状のオシベばかりでちょっと鬱陶しくなるが、まだついている間はしっとりした質感できれい。
花糸は白く先端側に向けて少し太くなる。先端には結構長細い薄黄色の葯がつき、花粉も薄黄色。
見づらいが、中央部にはばらばらの柱頭が数個見られる。3個が多いか?
萼片は長楕円状狭卵形で薄い黄緑、縁は白い。先端は閉じ全体が舟形に丸まっている。

葉の様子

アキカラマツ 葉 アキカラマツ 葉の様子 アキカラマツ 葉の様子
特徴的で一瞬でキンポウゲ科なのはわかる。
そういえば質感と色は同じキンポウゲ科のオダマキの葉にも似ているか。少し青味系で、柔らかい黄緑ではない。
葉は2回~3回羽状複葉。

花後から果実の様子

アキカラマツ 花 アキカラマツ 花序 アキカラマツ 果実期 アキカラマツ 果実
アキカラマツ 果実 花後一旦薄くくすんだ黄色っぽくなる。
2.5mm程度の褐色の乾いた痩果。もちろん一花に数個(3個前後)。
先端についた茶色いくしゃくしゃしたものは柱頭。
よく膨れ、はっきりした縦の畝がある。


花確認:
2006(F11)
2007(F7)(F8)
2008(F8)(F9)
2010(F10)
2011(F7)
実確認:
2006(C11)
2008(C11)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。