まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

セイヨウカラシナ

セイヨウカラシナ
アブラナ科
アブラナ属
Brassica juncea (L.) Czern.

カラシナ。葉も可食で、種子からはマスタードを作るらしい。元々広範囲で栽培されていたのか、近所ではそこらじゅうの空き地等で繁殖している。(今は周辺は開発されていて畑は少ないが。)
花は径8.5mmから1cm程度と大きめ、草丈は80cmから1m程度と大きい。雰囲気は無骨でアブラナとは印象が異なる。
最盛の花は蕾と同列に並び、進むに連れて伸びていく。(既に伸びた部分にはもう花は残っていない。)
アブラナとクロガラシの交配種らしい。

茎というか全体としての性状はかなりスマートに直立していて、時折分枝する。(異様に大きな葉は下部にたまっていて途中にはあまり大きな葉はつかない。)
結実した果実のつき方は、短めの花柄が45度に開き多くの果実は若干弓なりに茎側へ戻ってくる感じ。

全景

セイヨウカラシナ 全景

花の拡大と果実部分

セイヨウカラシナ 花序 セイヨウカラシナ 花序 セイヨウカラシナ 花
花弁はきれいな十字ではなく、2枚ずつに分かれてつき、平開前には上下にぱたんと閉じていたりする。

最下部の葉と、上部の2タイプの葉の様子

セイヨウカラシナ 下の葉 セイヨウカラシナ 上部の葉 セイヨウカラシナ 上部の葉
(※全縁のものと一緒に写っている棘の多いものはオニノゲシの葉。)
最下部の葉はかなり巨大になり、長さ30cm程度ある。先端側の半分?1/3程度が丸く広がり、残り(基部側)は左右不均等に汚く極端に主脈まで深裂し、頭大の羽状複生葉のようになる。
縁には強い鋸歯があり縁は濃い赤紫に染まる
中程から上は、狭卵形の全縁のものと卵形の鋸歯の顕著なものとが入り乱れる。
必ずしも上に行くほど全縁になるわけではなく、あくまで混在する。
(バランス的には上部に全縁のものが多くはある。)
これらの葉は脈の特徴も異なる。
鋸歯のある方の葉はほとんど、横の脈が横方向にかなり開出して、先端が縁まできっちり刻まれるが、全縁で細い方の葉は横の脈が主脈側に戻るように丸くカーブして葉内で収まり、縁には達しない。
どのタイプの葉でも、基部は、茎を抱かず半分に折れたたまれくしゃっと縮こまった感じになるものが多い。
葉は無毛で光沢が強く、脈のぼこぼこがくっきりとしているため、かなり無骨な感じ。
ただし実際の質としてはそれほど硬い葉ではない。

茎の様子

セイヨウカラシナ 茎 茎は基本的に粉を吹いたようなしっとりとした白緑で、葉柄から急に赤紫になる。

晩秋のロゼットの様子

セイヨウカラシナ ロゼット 葉の大きさがまちまちできれいなロゼットにはならないが一応形成して、越冬する。
色合い的にもくっきりしたしわのある質感的にも、かなり無骨。

果実の様子

セイヨウカラシナ 果実 まだ小さかったので柄だけ残ったように見えたが、そばで見ると実がなっていた。
大きくなったもので2cm程度。あまり大きな果実ではないので目立たない。
2008年2月。


花確認:
2006(F11)(F12)
2007(F1)(F3)
2008(F1)(F2)(F3)(F4)(F8)
2009(F1)(F2)(F3)(F4)(F9)(F10)
実確認:
2006(C11)(C12)
2007(C1)(C3)
2008(C2)(C3)(C4)(C8)
2009(C1)(C4)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。