まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マツヨイグサ

マツヨイグサ トップ
アカバナ科
マツヨイグサ属
Oenothera stricta Ledeb. ex Link

花はカップ状になった状態で5cm程度ある。草丈は50cm程度で直立、まばらには分枝するがほとんど一本という感じでひょろっと真っ直ぐ伸びている
レモンイエローではなく黄色の花色で強い感じ。
全草の各部に赤みがちょこちょこ入る。
葉は他のマツヨイグサの仲間と大きく異なる感じで、根生葉から上部までがかなり細い。色も濃く強い感じ。

全景の様子

マツヨイグサ 全景 マツヨイグサ 全景 花序は蕾のうちから離れていき、メマツヨイグサのように上でかたまったままで咲くことはない
線形で基部が少しだけ丸くなった苞葉がほとんど真上に立っている。

花の様子

マツヨイグサ 蕾 マツヨイグサ 蕾 マツヨイグサ 花 マツヨイグサ 萎れ始めの花
マツヨイグサ 花後 マツヨイグサ 花後赤くなった様子 蕾は、メマツヨイグサの蕾と同じようなやや短いものだが、基部側はさらにでっぷりする。薄黄緑の部分が多いが、裂ける部分は赤味が入る。先端はつんつん裂片ごとに独立した角(つの)のようになっている。
開出する白い微毛が密生し、その中にもう少しばかり長い開出する短毛が散生する。この仲間の中では萼筒部は少しだけ短めに見える。
基部にある子房は蕾時期から渋い赤紫に染まっている。表面は白い微細な毛が密生しているが、肉眼ではほぼ分からない。
花序軸には白いやや下に向かう開出気味の毛が密生から散生する。
花弁は赤味のある系統で、レモンイエローではなく黄色になる。倒心形で切れ込みの深さはまちまち。
メシベの花柱は短めで、4つに裂ける柱頭は細くかなり長いオシベも花糸が短めで、T字状に薄黄色の葯がつく。糸を引いたようになる花粉がまとわりついている。
花後は段々赤みが強くなり、はっきりと橙に染まっていく。(コマツヨイグサ同様。)

葉と茎の様子

マツヨイグサ 根生葉 マツヨイグサ 中部の葉 マツヨイグサ 葉
マツヨイグサ 上部の葉 根生葉から上の葉まで、極端に細い形。線形。基部は左右に角丸四角状に少し広くなっているものか、広くならずにくさび形から円形になる。
葉柄は一見ないが、よく見ると短い葉柄が茎に沿ってはいて、葉面が茎から急に折れて横に伸びている状態。
縁は不整で間隔の長い鋸歯ないし歯牙になる。鋸歯・歯牙の端は白っぽくなる。
葉色は濃い緑で、中央脈と側脈は白ないし白っぽい薄黄色ではっきり目立つ。葉面にはややつやがある。縁裏等、葉裏には微毛短毛がやや開出して密生。
茎はやや下向きの開出気味の白い軟毛が散生

果実の様子

マツヨイグサ 若い果実 マツヨイグサ まばらに離れている。先端付近手前の位置がいびつに少し膨れている。

幼生期の様子

マツヨイグサ 幼生期のロゼット ロゼットの時期から他のものと大きく異なる。根生葉は長い線形でより下側のものは基部よりも先端側の方が少し太くなり倒披針形状。上部の葉と同様白い脈が目立つ。
若干硬い。


花確認:
(F11)(F12)
2011(F5)
実確認:
(C11)(C12)
2011(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。