まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハルジオン

ハルジオン 全景・花
キク科
ムカシヨモギ属
Erigeron philadelphicus L.

舌状花は純白から薄紫というか桃色が普通で、まれに異様に濃い紅系のものも見られる。
頭花は1.5cmから2cm程度、草丈は40cmから60cm程度。
わりと深い草地から照りつけるアスファルトや荒れた裸地までそこらじゅうで生育できる模様。
ヒメジョオンに似るが、全ての葉に葉柄がなく根生葉および下部の茎葉が頭大でヘラ形であり茎葉の基部が耳状になり茎を抱く茎は中空(中部あたりを、組織を潰さないよう軽く押せば十分)。
よく育って花の頃の根生葉っぽい根際の葉は基部側の2/3程度がひれ状の細い形態になり初期のヘラっぽい形態のものではなくなっていることも多いので注意。
(ヒメジョオンは下部の葉に顕著な葉柄があり、形状は卵形で鋸歯が顕著。根生葉も同様だがよりスプーンっぽく先と細い部分が分かれたシルエット。茎は中実。)


ヒメジョオンと異なり多年草で、大型になる個体も多い。
舌状花はヒメジョオンよりも糸くずっぽく細い。ぼさぼさしていることも多い。

全景の様子

ハルジオン 蕾時期の全景 ハルジオン うねうねした全景 ハルジオン 純白全景 ハルジオン 薄桃全景
若い花序がくねくねと極端に下向いているのは特徴のひとつ。葉腋のものは捩れて半ば巻きついている場合もある。
右の二枚は同じ場所に生育するもの。純白のものと薄桃色のもの。

花序と頭花・総苞の様子

ハルジオン 濃い紅色の頭花 ハルジオン 薄桃花序 ハルジオン 白の頭花 ハルジオン 薄桃の頭花
ハルジオン 展開しかけた頭花 ハルジオン 総苞 舌状花は細く大量にあり、離れて見ると「舌」状ではなく糸くずのようになっていて、かつ、かなり高密度
ただ、実際にはヒメジョオンほどではなくてもヘラ形ではあるので、このように大写ししてしまうと正直差がない。
茎の上部では斜上して上に屈曲する白い軟毛が密生。総苞はダガー状で細く、上にくっついて並んでいる。縁はクリーム色から白。上向きに屈曲する斜上する軟毛が密生。
※さりげなく置いたが、左の一枚はその隣と一緒に生えるかなり濃い花色の個体。(※宮城県のもの。)
「ベニバナハルジオン」と呼んだりもするようだが、実際にところ連続的な色変化の3つほどあるピークのうち一番濃いピークという感じなだけ。

葉と茎の様子

ハルジオン 小さな葉 ハルジオン 葉 ハルジオン 葉 ハルジオン 葉
(上の方の葉は細くシンプルになる。)
茎葉は葉柄がなく先側に重心があり、先側は倒狭卵形から狭卵形で後方はやや細くくびれひれ状でサジ形。最基部ははっきり丸く耳状になって茎を抱く
縁はわりと整った間隔の鋸歯がある。
表面は少しだけ白い軟毛が散生、主脈は基部側に短軟毛が密生。
裏は開出した白い軟毛が密生。
茎にはほぼ開出してややくねくねとなって少し下を向いている白い軟毛が密生し暑苦しい。
ハルジオン 育った時期の根生葉 なお、育って花期を迎える頃の株の根生葉は基部側がはっきり細くなったものが多く混じるが、かといってシルエットはヒメジョオンのように先端側との分化がそれほど極端にはなっていない。

果実期の様子

ハルジオン 果実期のぼさぼさ冠毛 透明度のない暑苦しい白い冠毛が溢れている。すぐに飛んで行ってしまい太陽のように開いた総苞が残される。

幼生期の様子

ハルジオン 幼生期 幼生期のうちでもまだ小型な時期には、典型なサジ形葉のロゼットになる。
この時期でもヒメジョオンは先端と基部側とがはっきり分かれたサジ形なのでだいぶ異なる。ただしよく育ってしまうとヒメジョオンの根生葉と段々似る感じになったりするので注意。


花確認:
2006(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F9)
2008(F4)(F5)(F6)
2009(F3)(F4)
実確認:
2006(C12)
2007(C8)(C9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。