まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノイバラ

ノイバラ トップ
バラ科
バラ属
Rosa multiflora Thunb.

花は平開時の径2.5cm程度だが、かなりまちまち。半つる性の低木で2m程度のものが多いが、放置されている場所では4m、5mに伸びる。高さは50cmから2m程度、まれにもっと高いものもある。
花は多くは白だが、縁を中心にはっきりピンクに染まるものもある。
棘に注意。…。

全景の様子

ノイバラ 全景(大きくなったもの) ノイバラ 全景 ノイバラ 全景 このくらいの開花状況だときれいだなと感じる。よく見れば花序には多数の蕾があり、この後盛大に咲くことを予感させる。

ノイバラ 全景(最盛期) ノイバラ 全景 ノイバラ 林内の株全景 花序は多花なので、最盛期には白い派手な穂というかブラシのようにもなる。右端は林内のもの。林道脇なので日のあたる場所ではあるがそれほど日照に恵まれているわけでもない。それでも問題なく大きく育って多数の花をつけている。

花序と蕾・花の様子

ノイバラ 蕾 ノイバラ 花序 萼は狭三角形で先はやや摘んだように伸びている。間には線形で細い副萼片があり、数対だけ櫛の歯状になっているものも見られる。
萼片の裏(外)と花柄には白い微軟毛と深紅色の玉をつけた開出した腺毛が生えるが、花の下位にある子房部にはほとんど毛が生えずすべすべしている。
子房部は開花前から楕円体に少し膨れている。

ノイバラ 花(薄いピンク) ノイバラ 終わりかけの花と花後 ノイバラ 花 花弁はハート型か、もしくは、おにぎりのような角の丸い逆三角形で先端中央がやや窪む形のものが多い。
ただしわりとまちまちで、しかもそれほど整っていないものが多い。

ノイバラ シベ ノイバラ 花の後ろ側(子房下位) オシベは多数あり、葯だけではなく花糸ごと黄色くて結構派手。
中央には盤の上に花柱が立った感じで黄緑のメシベがある。

葉と托葉の様子

ノイバラ 葉 ノイバラ 葉 ノイバラ 葉軸の拡大
ノイバラ 托葉(下というか裏から)・棘 ノイバラ 托葉(上から) はっきりとした奇数羽状複葉で、7枚から9枚のものが多い。
小葉は2cm程度のものが多い。短い小葉柄があるが表からは目立たず横や裏から見て分かる。長楕円や長楕円状倒卵形で、縁は低い鋸歯が並ぶ。
表面は鈍いつやがある程度で、強い光沢にはならない。裏面は毛が多い。
葉軸には白い開出気味の軟毛が密生し、それ以外に深紅色(ルビー色)の腺毛らしきものが散生する。
葉の基部には下から半分巻くような狭三角形の托葉があり、縁は糸状に羽状(櫛の歯状)に多数切れ込んでいる。また、縁と裏面には微毛が密生し、裏面には更に深紅色の腺毛が多数生える。
托葉の下に一対、赤い棘が生える。きれいに二つ並ぶ場合もあれば、随分離れる場合もある。

若い果実と熟した果実の様子

ノイバラ 若い果実 ノイバラ 若い果実 ノイバラ 果実 ノイバラ 果実拡大
子房下位なので若い果実では細い水滴形の萼が干物のようになって上に乗っているが、すぐに萎びて枯れてなくなる。
大きくても1cm程度の、つやつやしたきれいな球形の果実。先端には花がついていた部分の跡が残る。
朱色から赤くなり、この後、真っ黒になって萎びる。

花確認:
2006(F5)
2007(F5)(F6)
2008(F5)
2009(F5)
2011(F5)
実確認:
2010(C11)
2011(C7)

宮城県版のバラ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。