まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カシワバハグマ

Pertya robusta (Maxim.) Makino

花は頭花径で1.8cmから2cm程度とわりと大きい。また、総苞部分が長く2.5cmから3cm程度ある。草丈は40cmから80cm程度。
分枝せずかなりまっすぐ直立、下部15cm程度には葉がなく、その先からは大きな葉が多数互生する。
頭花はややまばらに間隔をおいてつくが、頂点ではいくつかくっついている。特に2つくっついているものが多い。

最盛期から花後へ

カシワバハグマ 頭花正面から カシワバハグマ 頭花横から カシワバハグマ 頭花横から ひとつの花は長い裂片を持つ筒状花。ここまでくるとキク科の「筒状花」という言葉でまとめたくない。
筒状花の裂片がコウヤボウキのような真後ろに巻かず縦ロール状に捩れながら弱めに巻くので、ごちゃごちゃして見えるというかにぎやかで目立つ。
総苞は一周の総苞片が少なく縦に何段にもなり、独特。総苞片はきれいな鱗のよう。
正面でも十分特徴的かもしれないが、横からの姿が更に特徴的。
いぶした金属のような鈍い光沢があり、質感が絶妙。

花ひとつ・オシベ・メシベ

カシワバハグマ ひとつの筒状花 カシワバハグマ オシベ カシワバハグマ オシベと中央から突き出たメシベ 頭花内の花があまり咲いていないものを探してみた(ひとつの筒状花を見やすいので)。
筒状花の裂片はきれいにバランスをとらず偏る。
褐色の棒のようなオシベの先端が割れて思いのほか鮮やかなオレンジの花粉が覗く。この後中央部から白いメシベが伸びてくる。
先端はふたつになるが細長くないので分かりづらい。

まだ開花前の頭花

カシワバハグマ 頭花の蕾 カシワバハグマ 頭花の蕾 カシワバハグマ 頭花の蕾の開花直前のもの 上部のまばらな葉の葉腋と茎の頂点に、花柄もなくいきなり頭花がつく。
周辺の個体では葉腋には1個しかつかない。
上部の花は葉腋につかないように見えるがよく見ると「葉状のもの」が頭花下にちゃんと存在する。
茎から花茎に移行している部分を区別できないので、これらを「葉」と見るべきか「苞葉」と見るべきかは分からない。
6月末段階で頭花の「蕾」状のものは長さ6mm程度。
各総苞片は先端が赤紫に染まり、縁は白い毛状になり境が目立ち、段々の模様が面白い。
茎には短毛が多いが、目立たない。
3枚目は2007年9月22日。

葉の様子

カシワバハグマ 葉 カシワバハグマ 葉 葉は狭卵形で縁は間隔の長い分かりやすい歯牙があるがよく見ると更に微細な棘状の鋸歯がある(ルーペででも見ない限り、まず気づかないが。)。
つやはなく無毛。
かなり大きくて、長さは8cmから12cm程度。
葉柄は3cmから5cm程度で目立つ。花が混じる上部の茎の葉は小さく、葉柄もない。また、形状も細長い上、強い鋸歯がない。

果実期へ

カシワバハグマ 果実期 カシワバハグマ 果実期 カシワバハグマ 果実期 閉じて細長かった総苞は段々と展開し、冠毛が開く頃には痩果の接続部がよく見えるようになる。
こうなると風で簡単に飛んでいく。
右二枚は同じもの。頭花が正面と後ろから見えるように撮ってみた。
総苞・冠毛が開いた時期には、そばにある別の頭花と合わさって全体で大きなふわふわの毬になる。
なお、熟したばかりの時期には、 最盛期に見事に濃い緑だった葉が、若草色から黄檗色(きはだいろ)へ変化していく。
ちょっとしっとりじめっとした紅葉(黄葉)なのであまりきれいではないかもしれないが。

痩果の様子

カシワバハグマ 果実 カシワバハグマ 痩果 カシワバハグマ 痩果の拡大 痩果はやや銀色に見えるが無毛。
長さ7mmから8mmあり、大きい。
ぷっくり膨れていると思いきや、裏から見ると舟形に凹んでいる。
縦の筋がよく見える。
冠毛は軸部分がない。冠毛の基部側は褐色。

冬枯れの様子

カシワバハグマ _mijikiall カシワバハグマ 冬姿 カシワバハグマ 冬姿 かなり特徴的で面白い。
残った開いた総苞が花のようになる。
右は葉のサンプル。
妙な黄緑だった葉もこの段階になると彩度の低い灰褐色でからからに。


花確認:
2007(F10)
実確認:
2007(C1)(C12)
2008(C1)(C12)
2013(C11)

宮城県版のコウヤボウキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。