まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

イヌコハコベ

イヌコハコベ トップ
ナデシコ科 ハコベ属
123456789101112

Stellaria pallida (Dumort.) Crep.

花は長さで3.5mmから4.5mm程度、萼がはっきり開かないで直上しているものが多く、その場合の径は1.5mmから2mm程度。最盛状態の花でも半開きで、径3mmから4mm程度。
根元からの長さは結構長くて15cm程度で、大きいものの周囲径では30cm弱になっている。
ハコベの仲間なのはぱっと見て分かるものだが、花弁がなく花期が分かりづらく、余計に地味萼の基部手前と先端に渋い暗めの赤紫の染まりが見られるものが多い。
地をよく這いよく分枝して、放射状に広がって円形になっている個体が多い。畑縁や植え込みの下のよく日のあたる場所なんかで、他の植物が少ない場所でよく見られる。
オシベの本数は少ない
ミドリハコベの荒れた裸地での姿やコハコベと全体的に似ていてそれらの種の小型株の個体とは花が咲いていないと区別しづらい。

どうも青々とした草地では草勢があまりよくないようでそれほどは蔓延っていない。「照りつける裸地でも耐えられる」のではなく、「結構強い日射が必要」なのかもしれない。コハコベやミドリハコベ(特にミドリハコベ)は草地でもかなりの勢いになって他の植物に勝っている場合もわりと見られるので、多少そういった性質や強さなんかが違うのかもしれない。

萼がくっついていることもなく形状が異なることもなく単に窄まっているだけなので、半開きどころか萼が閉じてしまっている花がそれなりに見られるのは単に花弁がないせいで押し開けていないだけで、合着したりはしていない。
よく晴れて強い日差しを受けている時には一枝の先の方(大抵、まだ節間が詰まり蕾がかたまっている)に2、3花程度が同時に開いている場合が多い。

全景の様子

イヌコハコベ 全景 イヌコハコベ 全景
イヌコハコベ 全景 (地べたにあるためごちゃごちゃして映るので画質を維持したまま低容量に保存するのが厳しい。そうかといって斜めから撮って本体にぼけばかり出しても仕方ない。これでも図鑑なので。)

花序と花の様子

イヌコハコベ 花序と蕾 イヌコハコベ 花 イヌコハコベ 花
イヌコハコベ 花 先端は詰まっていて花期の花序はかなりかたまっている。花や蕾が密集し花柄も短いので数だけを見ればかなり「賑やか」。実際の見た目は、花弁がないので全然賑やかではなく地味そのもの。花に気づかない人もいる。
萼の外面には白い開出した腺毛が密に生える。萼の縁は白っぽい半透明。
萼片の染まりの位置を見ていると、萼基部までしっかり染まりまくって「赤紫の底」になっているものから、最基部は染まらずリング状に見えるもの、各萼片に独立した丸い斑紋として染まる程度のもの、かなり染まり自体が薄いものと、色々ある。実は表情豊か。
披針形の細い5萼片は、丁度「花の先がぎざぎざになった円筒形」になるような角度にほぼ直上してコップのような状態でいることが多く、砂粒より少し大きい程度の目では分かりづらい程度の子房がこのコップの底にあり、その先端に基本的に3裂(たまに4裂)した柱頭が見られる。
オシベは少なく、2、3本程度。葯は渋い赤紫系。
オシベをよく見ると分かるが、花糸基部付近に球形のぷりっとした袋状付属物がある。ここには大量の蜜が入っている模様。
ルーペ撮影的には萼片は長さ方向が随分大きい(3.5mm以上ある)わけで、被写界深度が1mmかそこらしかない状態では欲しいところへのピント合わせが非常に苦しい。(見えやしないのため撮ってから一旦確認するほかないので、手持ち撮影の場合は「さっき前にずれたから今度はどれくらい奥へ」とかすることもできず。)

開花状態の花の拡大を追加

イヌコハコベ 花の拡大 イヌコハコベ 花のオシベ基部の蜜腺部 黒縁が妙なつき方をしている花の全体拡大の方は顕微鏡撮影で使用する深度合成ソフトでピントの合った部分だけの画像を生成したもの。
更にアップの方は、オシベの基部がよく分かる。

葉と茎の様子

イヌコハコベ 葉 葉は対生し、卵形で全体的には無毛で、縁の基部側は葉柄から続いた軟毛が少しだけ生えている。葉柄と中央脈基部側等は赤紫に染まる。中央脈だけが強く窪んでいるシンプルで平滑な表面。先端はわずかに摘んだようになり小突起状。
葉柄は長く、葉柄縁には白い軟毛がよく生えて目立つ。日がよく当たるようにしているのだろうか、葉柄が強く曲がってくねって葉の上面か下面いずれかを上に向けている部分が多い。
5mm程度の葉から、栄養状態のよい土壌で林縁の明るい草地等環境によっては3cm程度になるものまで見られる。そういった環境に多く見られるミドリハコベと誤認注意。

イヌコハコベ 茎と葉柄 イヌコハコベ 茎の列毛 イヌコハコベ 茎の列毛
茎は全体的に渋めの赤紫に染まる。茎自体は非常に光沢がある。茎は節間で60度くらいずつ回転していて、対生の一方の葉の葉柄の真上から帯状に少し縮れた開出気味の白軟毛が密生する領域もそれに合わせて回転している。次の節の対生葉柄同士の間に接続する。茎をよく見ると窪み状の筋が見られるのでそれを辿れば、毛の帯だけが螺旋状に生えているわけではなく茎そのものが回転しているのが分かる。
乾燥した場所でも結構茎が瑞々しい感じ。

花後から果実・種子の様子

イヌコハコベ 花後 イヌコハコベ 果実 イヌコハコベ 果実と種子
イヌコハコベ 種子 果実期には花柄がよく伸び、萼片の1.8倍程度の長さになっている。
花期には奥に引っ込んでわかりづらかった子房も花後は随分膨らんで、先端が、直上する萼片の先端をわずかに追い越している。その中央で柱頭が目立つ。
卵体と長卵体の間の蒴果であまり細くならない。果皮はやがて深く6片に裂け先が外側に弱く開くものによっては萼が弱って果皮が強く開き、「花」のように見える。
割けて先が外に軽く反った状態で萼片の頂点とほぼ揃う。ちなみにコハコベでは反っていても明らかに萼片より長い。
果皮は薄い褐色系でよく透けた薄い質。種子はやや薄く明るい橙褐色で大きいものでまれに1mm近くあるが大抵は0.7mm程度。1.2mm程度あるコハコベの半分強しかない。
偏平で引き込みのある卵円形で、やや偏心円状の流れになっていびつで低いイボ状円錐の丸みの強い突起がある。肉眼でもそれが模様のように見えなくはないが、コハコベと異なり、正直ほとんど分からない。

イヌコハコベ 花 ついでに4裂する柱頭のもの。花後なので子房が膨らみつつある。

果実と種子を追加

イヌコハコベ 若いが既にフルサイズの蒴果 イヌコハコベ 裂けた蒴果 イヌコハコベ コハコベ 種子比較 よく膨らむまでは花柄が強くくねって子房が下垂。段々持ち上がって、蒴果果皮が裂開する頃には真上を向いて、種子が真下にぼろぼろ溢れないようになっている。深く裂けないのも、同じ目的があってのことなのだろう(根元ではなくもうちょっと広い範囲に、時期もばらして拡散させたいのだろう。)。
種子はコハコベとの比較にて掲載。上の方の小さい方が本種イヌコハコベ。(こうしてイヌコハコベと並べてしまうとコハコベの突起がミドリハコベのように結構大きく見えるが、ミドリハコベと比べればやや低いし、形状も異なる。)


花確認:
2006(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)
2008(F2)(F3)(F4)
2010(F2)(F3)(F4)
2013(F3)
実確認:
2006(C12)
2007(C1)(C2)(C3)(C4)
2008(C2)(C3)(C4)
2010(C2)(C3)(C4)

宮城県版のハコベ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。