まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノミノフスマ

ノミノフスマ トップ
ナデシコ科
ハコベ属
Stellaria uliginosa Murray var. undulata (Thunb.) Fenzl

湿地に多い。水気の多い耕作地にもちょくちょくかたまって見られる。
花は6mmから7mm程度、草丈は10cm程度。
あまりぴんと立ってはいないが弓なりに立ち上がっていき花のある部分までにはほぼ真っ直ぐ立っていることが多く、花柄はぴんと細く伸びてつんつんしている。

花弁が萼より長いのが特徴(母種であるノミノコブスマ(※割と最近帰化しているらしい)との違い)だが、割と同長のものが多く見られる。
茎色は赤紫から緑まであり掠れた斑模様のものが多い。
全草ほぼ無毛
この類(ハコベやそれに似たような白い小型ナデシコ科)のうち自然の中まで行かなくても多少は見られる仲間の中では最も繊細な印象。

全草の様子

ノミノフスマ 全景 ノミノフスマ 花序 繊細な質感で美しいが全体的に色が薄いのをそのまま写したくても花が純白なのでそのまま撮ると飛んでしまう。
それにしても、葉腋から針金のように真っ直ぐ伸びまくった果実期の花柄がつんつん面白い。

花と花序と蕾・苞

ノミノフスマ 花序・蕾・苞 ノミノフスマ 花 ノミノフスマ 花 ノミノフスマ 花のシベの様子
ノミノフスマ 萼 中部以上の葉腋から花序や花柄を出す。上部では葉が苞と化し卵形で半透明の薄膜状になる(中肋は緑でしっかりしているが。)。ほとんど分からないサイズ。
咲いた頃にはその花柄は結構伸びている。
5枚の花弁が深く2裂し10枚に見える。片はへらのような先太りの形。子房ははっきりした黄緑の卵体で、ちょっと目立つ。ぼさぼさの白い柱頭が3本、オシベは5本で花糸が段々細長く伸びる。葯ははっきり黄色く見えるが葯嚢自体はほとんど色がなく半透明の薄いクリーム色で、花粉が黄色い。
白い花糸の基部には半透明黄緑の蜜腺らしき卵体の組織がある。
萼は細くかなり長くシャープで、縁も丸く膨らまず真っ直ぐ三角な感じ。基部は少し膨れて丸みがある。縁は半透明で白い。

葉と茎の様子

ノミノフスマ 葉と茎 ノミノフスマ 葉・茎 ノミノフスマ 葉・茎 ノミノフスマ 葉・茎
対生し、葉柄はない
マットなラバーのような質感で、形状は長楕円ベースだが基部に重心があるものから先端側に重心があるものまであり、まちまち。
基部の形状も円形のものからくさび形に近いものまである。
縁は全縁だががたつきがある。
最基部の葉柄に相当する付近には縁に屈曲した微細な毛が散生はしている。肉眼ではほぼ分からない。
中央脈以外は目立たない。
茎は中途半端に染まって斑模様になることが多い。

若い果実の様子(蒴果)

ノミノフスマ 若い果実 花後更に花柄が伸び、ぴんとしている。真っ直ぐでつんつんしている。
子房は横方向によく膨れてお饅頭というか肉まんのようになっている。


花確認:
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F11)
2008(F5)
2009(F3)(F4)
実確認:
2007(C1)

宮城県版のハコベ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。