まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オランダミミナグサ

オランダミミナグサ トップ
ナデシコ科
ミミナグサ属
Cerastium glomeratum Thuill.

花は7mmから8mm程度、高さは10cmから20cm。(実際にはよく這って分枝し長さ50cm程度になっているのも普通。)
同属のミミナグサに若干は似るが基本的に大型なこと、花期の花柄がきわめて短く(長い場合でも萼よりも短い)花が密集すること、葉・茎・萼といった全草に長い軟毛が目立って密生し短めの腺毛が混生すること、花柄や萼があまり紫に染まらない(萼の縁と、茎は染まる。その程度。)こと、花自体と花弁の形、等ですぐに区別できる。
また、全体的に緑部分の青みが弱く黄色味の方が強く、鈍めで薄い。(荒れ地では葉は黄色っぽく茎は紫。)
葉脈は中央の主脈が目立つ以外ほとんどわからない。

全景と花序付近

オランダミミナグサ 花序 オランダミミナグサ 花序 オランダミミナグサ 花序付近全景 オランダミミナグサ 花序
オランダミミナグサ 花序付近全景 オランダミミナグサ 全景 まだずんぐりしている状態でもさっさと花はつける。初期の花が咲いている時期は上部は詰まったままで中部の茎が段々伸びていく。
後期になると上の方も一気に伸び花序の枝も伸びるのでどんどんすっきりスマートになる。両方並べると同じ種類と思えない感もある。
ミミナグサと比べ、花つき自体がやたらよい場合が多い・花柄は花後までは伸びない上に花後も大して伸びない・早春からピークの時期までは上部がかなり寸詰まりのまま、であることで、賑やかでごちゃごちゃした感が強い。

花の拡大

オランダミミナグサ 花 オランダミミナグサ 花の拡大 花は平開までは開かない。萼が花弁よりだいぶ短いため、咲く前には花弁の白がやたらはみ出ている。花弁は5枚あり、先端だけ浅く2裂する。先に行くほど極端には太くならない。裂片の先端が尖らないが、切れ込み自体、丸く窪んだ感じ(切れ込みの奥はよく見ると>ではなく⊃)で、すぱっと裂けたという形状ではない。基部側は柄状になるよりも前に明るく渋い若草色に近い黄緑になっている。
オシベは10、柱頭は5ある。黄色い花粉が目立つ。
ハコベの仲間等同様、オシベの基部で外側にはいびつな卵状の風船のように膨らんだ半透明薄膜状の蜜腺がある。
萼には開出気味で前方へ少し曲がって倒れた長めの軟毛が密生し短い腺毛も混生する。縁にはやや膜質の白い部分がある。あまり透けない。

果実期の様子と果実

オランダミミナグサ 果実期全景 オランダミミナグサ 蕾と花後と若い果実 オランダミミナグサ 裂開前の果実
開花初期の花の密集した姿と異なり軸がよく伸びて各花(果実)が離れ極端にスマートになる場合が多い。果実期のシルエットだけだとミミナグサに似て見える。
中央の写真で花柄の見えないものは蕾。開花後徐々に伸びるが、よく伸びても萼と同長でほとんどの場合萼の2/3程度の長さで止まる
萼の縁は白い(一応半透明だがほとんど透けない感じ)。
花後は花柄が少しだけ伸びてきて一旦下垂し、子房がよく膨らみながら水平より少し下向き程度にまで持ち上がる。半透明な薄膜質の皮だけの蒴果になる。
ミミナグサやそばに咲くハコベのように花柄が極端に伸びることはなく、また、ハコベのように果実が直立することもない。
果実はくねっと途中が少し上方に曲がっているが、たまたまいびつなのではなく基本的にこのような形態になる。
オランダミミナグサ 裂開した果実 オランダミミナグサ 裂開した果実
オランダミミナグサ 裂開した果実 段々横に持ち上がってよく膨らんだ果実は、突き出た部分の長さは萼の2/3程度でミミナグサほどは突き出ていない。(乾燥が速いとそれよりも短くてもさっさと割けている。)
薄膜の先端だけが10片に裂開する。

それぞれの裂片は元々楕円体を構成する片なので直線の三角形ではなくそれぞれの左右辺が膨らんだカーブを描いているのだが…割けた後に見ると左右縁が少しくるんと外巻きして逆に窪んだカーブを描いている(摘んだように伸びた感じに見える)。
乾いていくと離れる方向に巻いていくから裂けるのだな、と思えて、自然はすごいな、と思ってしまう。

種子の様子とそばにある白く小さな<ナデシコ科の種子との比較

オランダミミナグサ 種子 へそ部で湾入の前に細くなって頂点になっている。また、その部分から反対側に向けて中央が縦に少しだけなだらかに窪んでいる。
扁平で、角の丸い卵形状三角形(細身おむすび形)から角の丸い卵状台形(とうもろこし形)。ハコベの仲間のような円形ともツメクサの仲間の膨れた腎臓形等とも異なる。
長さ5mmから7mm程度で、表面は低い板状三角形の突起があり、特に縁部では他の部分より少し目立つ。が、肉眼では突起は判らない。

オランダミミナグサ(下段) コハコベ(左)・ミドリハコベ(右)の種子の比較 春にそばで咲いているコハコベやミドリハコベと並べてみるとこのようになる。左上がコハコベ、右上がミドリハコベ。これらとは全く異なる形状。色合いは似ているがハコベの仲間よりは明るい橙。ただし写真では色の差が出ていない。
普段小さいと思っているハコベ類と比べて半分程度しかなく、私の手持ちの道具ではまともに撮ることすらできない。

花確認:
2007(F1)(F2)(F3)(F4)
2008(F3)(F4)(F12)
2009(F1)(F2)(F3)(F4)
2010(F1)(F2)
2011(F2)(F3)(F4)
2013(F2)(F3)
実確認:
2007(C1)(C2)(C3)(C4)(C5)
2009(C2)(C3)(C4)
2011(C4)
2013(C3)

宮城県版のミミナグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。