まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ミチタネツケバナ

ミチタネツケバナ トップ
アブラナ科
タネツケバナ属
Cardamine hirsuta L.

花は2.5mmから3.5mm程度、タネツケバナと比べると全草小さく草丈は5cmから20cm程度。
よく日の当たる場所では茎や果実は濃い赤紫のものが多い。(日陰では緑のままのものが数的に多い。)
数cmの小株で大きな群落を作っていることも多く、向こうを見ると全面赤紫の針山風絨毯、というような状況になっていたりする。
果実はかなり茎と沿うような角度で直立気味、かつ曲がらずほぼ真っ直ぐ。、タネツケバナは45度以上開出しやや湾曲もしているので、印象がだいぶ異なる。
タネツケバナが節毎に上の方までよく枝を出しているのに対し、こちらは株元付近の低い位置でいくつか枝を出しそれぞれはほとんどそれ以上枝分かれせずに伸びる。メインの茎以外が地べたを這うように放射状に倒れて伸びている個体も多い。
花期にも根生葉のロゼットは形成されていて、基本的にかなりはっきりした形状。

タネツケバナの仲間は花の開き具合が微妙なタイミングに遭遇してしまう場合が多いが、ミチタネツケバナは特にそんな状態が多い。花弁がきれいに開いている状態を見たことがない人も結構いると思う。

花の拡大と全景

ミチタネツケバナ 全景 ミチタネツケバナ 全景 ミチタネツケバナ 全景 ミチタネツケバナ 全景
ミチタネツケバナ 全景 ミチタネツケバナ 全景 根生葉がきれいにロゼットを保って展開したまま花期・果実期を迎える。かなりこんもり高密度になっている場合もある。
右の個体は極端に栄養状態の悪い空き地に生えているものでかつ冬のもの。小さくて、ロゼット部も1.5cmから2cm程度のものがほとんど。本来のものと比べるとミニチュアのよう。
都市部では気をつければむしろこの状態のものの方が多く見られる。

ミチタネツケバナ 花序 ミチタネツケバナ 花 ミチタネツケバナ 花拡大 オシベは4本。タネツケバナは6本なので区別できる。

葉の様子(根生葉二枚と下部茎葉・上部茎葉)

ミチタネツケバナ 根生葉 ミチタネツケバナ 葉 ミチタネツケバナ 下部の葉
ミチタネツケバナ _ookabunakaha ミチタネツケバナ 下部の葉 ミチタネツケバナ 上部の葉
複葉に見えるかもしれないがこの葉は単葉の一種で「羽状複生葉」。
切れ込みがかなり深くなった状態、といえる。
軸部分に各裂片につながるガードレール状のひれのようなものがあり、裂片の基部には節がない。
全体的にそれぞれの各裂片の切れ込みは浅い
根生葉は各裂片が幅広く丸っこい
(上部へ行くほど裂片の形が細長くなる。)
茎には葉はあまりつかないとされるが、よく観察していると、確かに上部には茎葉はあまりつかないが中部から下部の方に茎葉はついている。1から3程度つく。
また、元気な大株であれば茎葉は多め。
若い裂片の表面や縁、葉柄にはまばらに白い毛が生える
なお、茎は無毛

果実と種子の様子

ミチタネツケバナ 果実 ミチタネツケバナ ふたを外した果実と種子
ミチタネツケバナ 種子 果実は柄とほとんど真っ直ぐにつながり先端までほとんど真っ直ぐ。普通円柱に近いが、よく膨らんだものでは円柱ではなくいびつな少し扁平なものになり、また先端ほどやや太くなっている。
中の種子は仕切りの両側でそれぞれ一列にきれいに並び、扁平で整った角丸四角の1mm程度。

街中でよく見る形態

ミチタネツケバナ 小株(果実期) 歩道の街路樹植え込み部分や痩せた空き地等に生えているとこのようにロゼットがすごく小さく目立たないものが多く見られる。
スマートな印象があるが、結構果実は太め。

ロゼットのみの時期

ミチタネツケバナ 幼生株小ロゼット ミチタネツケバナ ロゼットの葉 左はかなりの小株。


花確認:
2007(F1)(F2)(F3)(F4)
2008(F2)(F3)(F4)
2009(F1)(F2)(F3)(F4)
2011(F4)
2013(F3)
実確認:
2007(C1)(C2)(C3)(C4)
2008(C3)(C4)
2009(C2)(C3)(C4)
2013(C3)

宮城県版のタネツケバナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。