まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

タネツケバナ

タネツケバナ 全景
アブラナ科
タネツケバナ属
Cardamine flexuosa With.

花は5mmから6mm程度、草丈は15cmから20cm程度、基部や中部でよく分枝する。
ミチタネツケバナより茎葉は多くわりと上の方まで分かりやすい葉がついている。
根生葉は花期にはほとんどが枯れてなくなっていて、既にロゼット状にはなっていない。
果実は、花柄が一旦50度程度に開出してその先で弓なりに曲がり果実が上向きになる。(果実自体もやや弓なりに曲がる。)

全景と花序の様子・花の拡大

タネツケバナ 全景 タネツケバナ 花序 タネツケバナ 花序 タネツケバナ 花序
タネツケバナ 花拡大 ミチタネツケバナより大きいので花弁は少し目立ち、撮影も楽。
オシベは基本的に6本。(ミチタネツケバナは基本的に4本。)
なお、青々とした草地に生える場合はミチタネツケバナも上の方まで葉が目立ちこれとよく似た雰囲気になるため注意が必要。果実をしっかり見る。(まぁ花サイズが結構違うのだが。)

葉の様子

タネツケバナ 下部の葉 タネツケバナ 下部の葉 タネツケバナ 上部の葉 根生葉・下部の葉、上部の葉。
まるで羽状複葉に見えるほど極端な裂け方で、羽状複生葉と呼ばれる。各裂片は小葉のよう。
ミチタネツケバナと異なり、小片の切れ込みは目立つ。特に先端の片のものはかなり深く裂ける。
上部の茎葉はかなり裂片が細くなんとなく本当に羽状な感じ。先端の片は一応3裂。
葉にはわずかに毛が生える。

茎の様子

タネツケバナ 茎 タネツケバナ 茎 下部は開出気味の白い軟毛がよく生えるが、上部では無毛。

果実内の種子の並び

タネツケバナ 種子の並び 種子は果実内で仕切りの両側でそれぞれ1列に並ぶ。
形状はミチタネツケバナの種子より縦方向が長い。


花確認:
2007(F2)(F3)(F4)
2008(F2)(F3)(F4)
2009(F3)(F4)
2013(F3)
実確認:
2007(C2)(C3)(C4)
2008(C2)(C3)(C4)
2009(C3)(C4)
2013(C3)

宮城県版のタネツケバナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。