まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

クサイチゴ

クサイチゴ 全景
バラ科
キイチゴ属
Rubus hirsutus Thunb.

花は3.5cmから4cmとかなり大きい。全体の長さは60cmから80cm程度、枝垂れたり這ったりするので高さは20cmから40cm程度。
下草よりさらに下を這うことも多い。
クサとつくがキイチゴ属の木本(小低木)。
花は上か横を向き、垂れない。
温度環境等で落葉・常緑あるようだが、近辺では落葉する。
「キイチゴ」と呼ばれるモミジイチゴと並び「ノイチゴ」と呼ばれる二大メジャーキイチゴ属。
野原で摘んで食べた方も多いのでは。

花の拡大と蕾、托葉の様子
クサイチゴ 花 クサイチゴ 蕾・托葉 花はかなり大きく、形状も整っている。花弁はきれいな広卵形。
花弁は基部から走る脈が目立つ。
右の蕾の写真の最下に写っているが、葉の基部には1対(2本)の線形で長い托葉が生える。

葉と葉柄
クサイチゴ 葉 クサイチゴ 葉柄 葉は奇数羽状複葉で小葉は基本的に3枚か5枚。
5枚の場合、上と下の側小葉間の軸は長め。
小葉はきれいな卵形か倒卵形で先端は細長く尖り2.5cmから3.5cm程度。なお側小葉はほとんど柄がない。
細かい鋸歯がある。
ニガイチゴの葉と同じように、葉は側脈に向かって強く窪みキルティングのよう。
幹には基本的に棘は無くつるつるした感じだが、枝、花柄、葉柄、萼等には白い軟毛と赤い腺毛が多く生え、 葉柄には更に下方向にかぎ状に曲がった棘も生える。

果実の様子
クサイチゴ 果実 果実は液果の集合果で、1.5cm程度。黄色味がほとんどなく濃い赤。


花確認:
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F5)
実確認:
2007(C5)(C6)
2008(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。