まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ジロボウエンゴサク

ジロボウエンゴサク トップ
ケシ科
キケマン属
Corydalis decumbens (Thunb.) Pers.

花は長さ2cmから2.5cm程度、花径は7mm程度。草丈は10cmから15cm程度。
花部が似るムラサキケマンよりもう少し自然度の高い、里山周辺で道端によくかたまって見られる。
これと全体がよく似たヤマエンゴサクというものもあるが、小花柄の基部につく苞の先端がはっきり切れ込む。花色は群落で変化があるので参考にはならないが、一応ジロボウエンゴサクが赤系でヤマエンゴサクが青系に偏ってはいる。
こちらジロボウエンゴサクの苞はシンプルに先端が尖り、卵形
その他、
ジロボウエンゴサク:
 塊茎に数本の花茎と根出葉が出る
 鱗片葉はない
ヤマエンゴサク:
 塊茎からは1本だけ花茎が伸び鱗片葉が付きそこから分枝
 花茎のある塊茎には根出葉が出ない
というものがあるが、かき分けてほじくってまで調べてはいない。

全景と花序の様子

ジロボウエンゴサク 群落の様子 ジロボウエンゴサク 全景 ジロボウエンゴサク 全景・水滴 3枚目は、雨の翌日の朝。マットな質だがよく水を弾くので、水はしっかり丸くなり葉先の突起にしばらく付いたままになる。かわいらしくてきれい。

蕾と花の様子

ジロボウエンゴサク 蕾 ジロボウエンゴサク 若い花 ジロボウエンゴサク 花 蕾時期は黄緑から段々黄色っぽくなり、伸びていくと色が薄れ白い部分が増え、 その後徐々に黄色っぽかった部分から青みの少しだけ強い赤紫になり、 その後色が拡がりつつ赤味が強くなっていく。
花色の変化を見るのも面白い。

ジロボウエンゴサク 紅色の花 変化の途中以外に、個体差で色合いの異なるものもある。これは濃い目で色合いがより赤い系統。

ジロボウエンゴサク 花の距と、苞の様子 独特の花形状で弱いS字状の筒のようになっていて、基部よりも後ろ側に長く距(橙でマークした部分。)が伸びている。ようは後頭部が出っ張っている。
苞(青)は先端がシンプルで裂けない。後述。
(ちなみにこの花はまだ白味と青味が多い段階。これ以上染まらないこともあるが、大抵はもうちょっと色がつく。)

苞の様子

ジロボウエンゴサク 苞 ジロボウエンゴサク 苞 卵形で先が摘んだようになっている苞。ぱっと見が全縁ベースで、かすかながたつきやほんのわずかな切れ込みがたまに見られる。
基部は袋状に花柄を納めている。

葉の様子・葉のバリエーション

ジロボウエンゴサク 葉 ジロボウエンゴサク 丸っこい葉 ジロボウエンゴサク 丸っこい葉 ジロボウエンゴサク 鋭くなった葉
葉は横に出て結構地面を覆う感じ。
基本形は、丸っこい裂片の2~3回複葉で、マット(つやがない)ですべすべ、小葉は不規則に3から5程度に切れ込んでいる。切れ込み部は少し白っぽくなっている。各片先端は鈍い赤紫褐色になりポッチ状に尖る。
群落内でも葉形は結構変化していて、裂片が鋭いシルエットのものも見られる。
茎や葉柄は無柄。

果実の様子

ジロボウエンゴサク 果実 ジロボウエンゴサク 果実 花はムラサキケマンと似て見えるかもしれないが、果実は全く異なる。
エッジがやや目立つ、中央部が少し太る棒状。基部側先端側とも細くなって尖る。
種子の形でぼこぼこしている。


花確認:
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F4)
2010(F4)
2011(F4)
実確認:
2007(C4)(C5)
2011(C4)

宮城県版のキケマン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。