まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノミノツヅリ

ノミノツヅリ 全景
ナデシコ科
ノミノツヅリ属
Arenaria serpyllifolia L.

花は径4mmから5mm程度、草丈は5cmから15cm程度、最初は放射状にほぼ這って拡がるが、最終的には湾曲斜上して叢生するものが多い。
上部は直立し、長い花柄をぴんと立てて真上に花を向けて咲く。
全体のバランス的に葉がやたらと小さいものが多く、ちょっと不思議なシルエット。全体に硬い印象がある。(実際に触れば柔らかいのだが。)
萼・茎・葉縁には微毛が密生し、特に茎の毛は極端に短く粉を吹いたようなざらざらした見た目。(眼ではよく見ないと毛らしく見えない。)
萼の毛だけ、腺毛。
なお、全体に腺毛の生えるネバリノミノツヅリという変種(Arenaria serpyllifolia L. var. viscida (Loisel.) DC.)もある。

全景と上部の様子

ノミノツヅリ 全景 ノミノツヅリ 全景 ノミノツヅリ 全景 よく茂って青々としていると、ちょっと別の植物に見える。
ぴんと上に長く伸びた花柄と上向きの花がかわいらしいが、そのまま撮ると花にしかピントが来ないのでちょっと苦しい。(横から全体的にピントを合わせると、花は横顔しか写らない。)

ノミノツヅリ 植え枡の裸地の個体 ノミノツヅリ 茎 ノミノツヅリ 全景 ノミノツヅリ 全景
ノミノツヅリ 全景 初期は小さな葉が緑色の薔薇の飾りが連なったような印象。面白い。春先にこの姿を見て悩む人も多いと思う。
茎は環境により赤紫だったり薄い黄緑だったりまちまち。どちらにしろ粉っぽい微毛のせいでやや灰っぽく曇る。

花の様子

ノミノツヅリ 花 ノミノツヅリ 花の拡大 ノミノツヅリ 花 ノミノツヅリ 花
ノミノツヅリ 蕾と花と花後 かなりしっかり開き、最盛の時間には印象では大きめに見える。
花弁は5枚で一見ハコベっぽい白くて小さなナデシコ科だが、花弁はウサギの耳のように裂けたりせずシンプルな卵形から長卵形に柄がある形。萼の2/3程度しかない。萼は全体に直線的で丸みがなく、先端も強く尖る。縦に入る3脈が結構目立つ。縁には半透明の白い薄いはっきりした膜質部分がある。裏側には短い斜上する腺毛が密生し、開花少し前から毛の先が玉になっている。
オシベは10程度で葯自体は桃色、花粉はほぼ白。花糸の基部には透明膜質ではちきれそうな丸い蜜腺がある。メシベ花柱は明るい黄緑でやや洋ナシ形に近い卵体で、先端で基部から分かれる柱頭は基本的に3裂(個体によりまれに4裂)。
花柄がかなり長く、タイミングとしては蕾のまままず花柄が長く伸びてから、その後に花の展開を始めるため、ハコベ等と比べるとスマートに見える。
小型の全草にも関わらず、開花状態で既に花柄が1cmある。
花後は一旦花柄がくねっとやや倒れる。また、萼は一旦きっちり閉じる。

葉と茎の様子

ノミノツヅリ 葉 ノミノツヅリ 葉
ノミノツヅリ 葉 ノミノツヅリ 葉 葉はきれいな卵形で葉柄がほぼなく、葉が一旦茎に沿って上に出ているのでめり込んでいるように見える。葉縁には微毛が密生。長さ3mmから7mm程度とかなり小型で、全体とのバランス上結構面白い。ほぼ十字対生。

ノミノツヅリ 茎の毛 茎には若干かぎ状になった下向きの極端に短い微毛が密生、細かいため肉眼では毛というより粉っぽい感じに見える

果実(蒴果)と種子の様子

ノミノツヅリ 果実 ノミノツヅリ 果実 ノミノツヅリ 果実の拡大 (※ちなみに、分かりづらいがこれは萼だけでなく全草に腺毛が密生するネバリノミノツヅリ。)
果実期には果柄は1.3cmから1.5cm程度にまで伸びている。湾曲斜上してしっかりしている。蒴果は濃く黒褐色でベージュに枯れた萼や全体とのよいコントラストになっている。萼にほとんどの部分が包まれているが萼をよけてみると蒴果の長さは3mmから3.5mm程度の太身の洋なし・ラッキョウ形で先だけ裂ける。

ノミノツヅリ 果実の中 ノミノツヅリ 種子 ノミノツヅリ 種子
左は、割いてみたら二つに割ることができたのでその様子を。まぁついで(自然にこのようには割れない。)。蒴果の大きさからするとバランス的に種子は結構大きく、20個程度だけ。
やや偏平な偏球型でへそ側がぎゅっと絞られて窪んでいる。お餅にチョップしたような感じ。長い方向で0.5mm程度。肉眼ではほとんど黒の黒褐色。多少つやがある。表面には縦長の平滑なブロックに分かれるようはっきりした鋭い溝ができている。
ツメクサの種子の表面と少し似ている。

幼生株の様子

ノミノツヅリ 幼生株全景 極端に節間が伸びていくが先にはまだまだ詰まって溜まっていて、先端が薔薇の花のように見えて面白い

夜の様子

ノミノツヅリ 夜の姿 ノミノツヅリ 夜の姿・花序 夜には花柄を萼下付近でくねっと曲げ萼も閉じ、眠っている。一気に寂しく目立たなくなる。


花確認:
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F3)(F4)
2009(F3)(F4)
2010(F4)
2011(F4)
2013(F3)
実確認:
2010(C4)(C5)
2011(C4)

宮城県版のノミノツヅリ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。