まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

フキ

フキ トップ
キク科
フキ属
Petasites japonicus (Siebold et Zucc.) Maxim.

花は花序全体で4cmから5cm程度、ひとつの頭花の花径は7mm程度、草丈は10cmから25cm程度。ただし果実期には極めて一般的なキク科の姿となり50cmから80cm程度になる。
花が咲く前の蕾の状態でまだ柄がほとんど伸びていない花茎を「フキノトウ」として食用にするほか、葉柄も食用可。
雌雄異株で、雄小花だけの頭花をつける雄株と、頭花内のほとんどが雌小花になる雌株がある。
花茎の茎葉には大きな狭長楕円で縦に脈の走る色の薄い葉が何枚もつくのだが、最下から2、3段程度ではこの葉先がかなり面白い。

許可された場所で適当な量を自分が食べるために山菜採りをするのは別にいいのだが、見つけただけすべて根こそぎ採るのはやめて欲しいと思う。
育って次の世代を生産する過程を経なければ絶えてしまう。
(下に多年生の根茎があり摘んでいるのは根茎から伸ばす花茎なので…花部がなければ別の株に花粉を提供することも花粉をもらって種子を作ることもできない。土地が開発されたりとどうかなる可能性は年々高まるわけで、その場所に根が残れば何とでもなる、という考えでは片付かない。)

全景の様子

フキ 全景 フキ 花序 葉っぱ以外はこの姿が意味版見慣れているであろう姿。
実はこの後、他のキク科のよく伸びた円錐花序になるのだが、その姿を気にする人は少ないだろう…。

雌株の花序と拡大

フキ 雌株 フキ 雌花頭花 遠目には雄株雌株の区別はできないが近寄ればすぐに分かる。
頭花の中には大きな星型の筒状花から太い花柱が突き出ている雄小花が1?数個しかなく、そのまわりを細い糸のようなメシベが出ている雌小花が埋め尽くす

雄株の花序と拡大

フキ 雄株の頭花 フキ 雄株 フキ 雄花頭花 フキ 雄花頭花
近くで見ると、すべて星型が大きな筒状花で構成され、それぞれの中心から太い花柱(機能しない)が筒状に合着したオシベ(葯)群(内側の筒)から花粉を押し上げながら突き出している。花粉を押し出すのに絶妙な形状なのがまた何とも。
花冠は遠目には白だがこうして見ると花柱の白と比べ随分黄色っぽい。

葉の様子

フキ 葉 フキ 花茎の葉 10cm程度からあるが大抵20cmから30cm程度とかなり大きい。全体に丸っこいがカマボコを三つ合わせたようなというかクマちゃん形というか、変わった形。
縁は、重鋸歯と言いたいが形状的には重歯牙とでもいうことになるだろうものが細かく入っている。
表面はつやがなくややかさかさしている。触ると粉っぽい。
主脈は左右の脈が基部を縁どっている。
葉脈はごく普通の掌状脈系に見えるかもしれないがよく見ると基部から出ているわけではなく途中で分かれていることが分かる。
これは鳥足状脈系と呼ばれる。
極端に長い葉柄を持つ。
晩春くらいにはこの葉が周囲を埋め尽くすほどになる。

果実の様子

フキ 果実(痩果) フキ 果実(痩果) フキ 果実 各頭花の柄が更に伸びて違う草本のようにも見える。
花部がわりとしつこく残るので先端が茶色い。

フキノトウ

フキ 若いフキノトウ フキ フキノトウ フキ フキノトウ
2月には花茎が上がってくる。
天ぷらは野草系を揚げるとどれも似たような感じになるので、あまりこれを見ても「美味しそう」という感想はない。

花確認:
2007(F2)(F3)(F4)
2008(F3)
2009(F2)(F3)
実確認:
2007(C4)

宮城県版のフキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。