まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ムシクサ

ムシクサ 全景・花
オオバコ科クワガタソウ連
クワガタソウ属
123456789101112

Veronica peregrina L.

こうして見ると野草味溢れる感じだが、大都会の植え枡やタイルの隙間にもよく生えている。
花は3mmから4mm程度、草丈は大抵の場合5cmから8cm程度だが、長いものだと20cm程度とかなり大型になる場合もある。
茎は、生えている場所によってはくねくね曲がっているものの、真上に立ち上がるものが多い。
ただし高架下等、日照のある時間の太陽の方向が決まっている場所の場合、ほとんど立たずに太陽の方向に傾いているものが多い。
花より萼の方がはるかに大きいため、長楕円~倒披針形で先の鈍い萼片が目立つ。
花柄は非常に短く、葉の基部にちょんと乗った感じに咲く。
時間や日当たりを考えないと花が開いていないので注意。

花の拡大

ムシクサ 花拡大 ムシクサ 花拡大 ムシクサ 花拡大5裂 小さく目立たないものの、ちゃんとクワガタソウ属の花。
なお、花冠の先端がかすかに薄紫に染まる個体もある。
右は花冠が5裂(やや6裂)したもの。クワガタソウ属の花はついつい変則的な裂け方をしているとじっと見てしまう。

葉と茎の様子

ムシクサ 葉 ムシクサ 茎 葉柄はないか、ほぼない。下部で対生、上部で互生といった感じで一応葉と苞葉と分かれかけるが結構乱れている。
形状は倒披針形だが先は鈍く結構丸い。
葉・茎とも無毛。
下部?中部にかけては間隔の長い浅めの鋸歯があるが上部ではほとんどが全縁。
葉は冬場等に赤紫味が混じるが基本色は明るめの緑。
茎は薄めの茶緑や赤紫気味になっていることが多い

果実の様子

ムシクサ 果実 広卵形の先端が窪んだものが二枚合わさったような形状で少し膨らむ。りんごを平面にしたような形というか…。
種子はかなり細かい。


花確認:
2007(F3)(F4)
2008(F4)
2010(F4)
実確認:
2007(C3)
2010(C4)

宮城県版のクワガタソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。