まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウラシマソウ

ウラシマソウ 全景・花
サトイモ科
テンナンショウ属
Arisaema thunbergii Blume subsp. urashima (H.Hara) H.Ohashi et J.Murata

花は仏炎苞の長さ8cm?10cm程度、偽茎(花のある茎状のもの)全体の丈は20cm?30cm程度。葉の丈はそれより高く30cm?40cm程度。
肉穂花序の先端の付属体が糸状に20cm?30cm程度に伸び飛び出すので邪魔になり仏炎苞の先端の収まりが悪い。
偽茎は1cm?1.5cm程度と非常に太い。
仏炎苞の先端側や肉穂花序は非常に濃いマットな黒紫で、つやがない感じが逆に不気味な印象。触るとしっとりひんやりしている。
葉は非常につやがある。
周辺では林内等に所狭しと生えている。
右手前にある小さい株もみな本種の幼生株。
葉と、花(と偽茎)とが別々に地面から突き出している感じ。

全景と葉の様子

ウラシマソウ 全景と葉 ウラシマソウ 葉 ウラシマソウ 葉の拡大
大抵、結構かたまって生えるのでより不気味さが…。うっそうとした中にあるとかなり怖いが、独特で面白いとは思う。
太い葉柄をほとんど真っ直ぐ出し、花の先端より上で葉身を拡げるので花は隠れ気味。
葉身は特殊な複生葉で一枚
上下面方向に伸びて板状になった露出した脈二又に走り弧を描いている。葉柄とつながる部分で湾曲方向と逆側に一枚裂片をつけ、分かれた脈に6枚程度の裂片をすべて外側につける。
最も先端の裂片は極端に内向きになり、左右同士で鍬形のように接している。
裂片の基部から脈にそのまま身が続いていて縁取り状になっていて、フェンスが立っている感じで面白い。

展開前

ウラシマソウ 展開前・葉 こういうものを見るにつけ、生物の大面積のものの収納方法のとてつもない効率のよさに驚く。


花確認:
2007(F3)(F4)
2008(F4)
2009(F4)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。