まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオバタネツケバナ

オオバタネツケバナ 全景
アブラナ科
タネツケバナ属
Cardamine regeliana Miq.

花は4mmから5mm程度、草丈は15cmから20cm程度、ただし基部側が這うので実際の長さはもう少しあり、30cm程度まである模様。
全草無毛
茎は基部で這い気味、その後湾曲して垂直になる。
最上部の茎葉まで葉が異様に大きくあまり細くならず、更にその中で頂小裂片(※複葉ではないので頂小葉とは呼べない)がまた非常に大きく4cmから5cm程度あり、幅も2cm程度になる。
頂小裂片の形状は縦長で基部側はくさび形、3裂か弱く5裂している。
側小裂片は2から3対程度しかなくまばらに見える。
側小裂片はほとんど全縁、まれに茎側のみ非常に浅く裂け縦長ミトン状に2裂。

オオバタネツケバナは千植誌(千葉県植物誌)によれば実体に不明な点が多くしかも群である可能性が示唆されているのだが、 この個体は特徴記述どおりの千葉での典型タイプのものの模様。
なお、千植誌では言及されていないが私見としてはニシノオオタネツケバナも報告に混じっているのではないかと思う。
(どうも、このオオバタネツケバナによく似ているが葉形状がニシノオオタネツケバナとされるものと合致するものを見かける。)

全草の様子と花の拡大
オオバタネツケバナ 全景・花序 オオバタネツケバナ 全景 オオバタネツケバナ 花 葉と特に頂小裂片が大きい態がわかりやすく写った写真がないのだが。(ちょうどいい感じのものにはクモの巣が張っていたり。)
この写真から受ける印象などはるかに凌ぐほど大きくインパクトがある。タネツケバナと見間違うことはありえない、というくらい異なる。
オシベは6本ある。
果実のつき方はタネツケバナに近く開出気味に出て花柄・果実とも若干湾曲。

葉の様子
オオバタネツケバナ 葉 オオバタネツケバナ 葉 タネツケバナの仲間なので例によって極端に羽状深裂した「羽状複生葉」。
小葉様の裂片同士の間にひれが続きそれぞれの基部に節がない。
(大きさは上述したが、タネツケバナの上部の茎葉まるごとがこの茎葉の頂小裂片の中に縦に2つ納まるくらい、大きい。)
大きな葉からかなぜかオランダガラシ(クレソン)と混同する人もいるようなのだが、 側小裂片(※側小葉と呼べない)の基部側がくさび形で柄状に細い部分が少しあるので全く印象が異なる。
また、葉質は柔らかく繊細さがある。

参考:オランダガラシの葉
オランダガラシの葉(参考用) オランダガラシは側小裂片の基部は丸みがあり完全に無柄で軸をかすかに抱くような形で色もより緑が強くつやもあり厚みがある感じで力強い。
また、脈も赤みがあり目立つ。


花確認:
2007(F4)(F5)
実確認:
2007(C4)(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。