まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スズメノエンドウ

スズメノエンドウ 全景
マメ科
ソラマメ属
Vicia hirsuta (L.) Gray

花は旗弁の長さで2mmから3mm程度、草丈は15cmから20cm程度で、茎は繊細でかなり柔らかいのだがよく直立する。
葉の先端が巻きひげ状のつるのようなものになり数本に分かれていて、そこらじゅうに絡んで蔓延る。
茎や花柄、葉柄には粉のような白い短毛が生え柔らかい印象がより強まる。
早春や終わりの時期には特に、全体的(※花以外)に赤紫味を帯びる。

群生の様子とヤハズエンドウとの比較
スズメノエンドウ 全景 スズメノエンドウ 花 花のサイズは圧倒的に異なる。また、ヤハズエンドウは葉縁に開出毛が目立つ。

花の拡大と花序、花後の様子
スズメノエンドウ 花 スズメノエンドウ 花序 スズメノエンドウ 花後 花は旗弁が二つ折りのままであまり開かない。開いても80度程度。
ヤハズエンドウのように(ほぼ)平開にはならずいつまでもまだ完全に咲いていないように見える。
萼が赤紫のため花が染まって見えるが花弁自体は白い(かすかに青紫味の入るものもある)。
萼は他の部分と異なり伏した少し長めの軟毛が生える。
小花柄は45度程度上方に向いている。
花後は小花柄まるごとではなく萼基部から先端がうなだれる。
花柄が葉腋から長く伸び、茎に対してあまり開出せず花序が全体的に上方へ向く。
小花柄はかなり短く小花柄同士の間隔はかなり狭いため花は花柄上部に密集、花柄がより長く見える
花序は花をほぼ同じ方向につける。このあたりもヤハズエンドウと印象が異なる。
花序の花数は3から7程度だが周辺ではかなり固定している感じで5のものばかり。

葉の様子
スズメノエンドウ 葉 スズメノエンドウ 葉 羽状複葉で、小葉は幅1mm程度、長さ5mmから6mm程度。
茎の葉柄の基部の反対側には深裂して櫛の歯のようになった托葉がつく。
葉柄・軸には短毛が密生するが小葉には目立った毛がない
小葉はかなりの狭卵形、先端が単純なくさび形と切形に突起付きとのちょうど中間のような形状。
なお、ヤハズエンドウは先端が顕著な切形に突起付き。
葉も花柄同様、茎に対してあまり開出せず上方へ向く。
葉の先端(葉軸先端)はつるになりいくつにも分かれている。

果実の様子
スズメノエンドウ 果実 スズメノエンドウ 果実 ヤハズエンドウはつんと立って実がつくが、こちらはぶら下がる。
長さ6mmから7mm程度で幅4mmから5mm程度、ヤハズエンドウと異なり長細くない。
伏した毛で毛深い。

黒熟した果実

スズメノエンドウ 黒熟果実 スズメノエンドウ 黒熟果実 ふっくり膨らんでものすごくかわいらしい。絶妙。
この時期には全草が赤紫できれい。


花確認:
2007(F3)(F4)
2008(F4)(F5)
2009(F4)
実確認:
2007(C4)
2008(C4)(C5)

宮城県版のソラマメ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。