まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

モミジイチゴ

モミジイチゴ トップ
バラ科
キイチゴ属
Rubus palmatus Thunb. var. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Koidz.

すべて下向きに2.5cmから3cm程度のわりと大きな花をつけるのが特徴的。1から2m程度の低木
茎や葉の主脈に棘がある。
枝は真横に突き出るか、よく伸びるとやや枝垂れる
葉がまともに葉に見えるように大きくなる前に花だけが鈴なりに開花している場合もあれば、先に葉がある程度整う場合もあり、まちまちなので注意。両方がうまく揃うと色の取り合わせ的にきれい。
花柄や萼、葉柄や葉縁、葉脈、茎等各部の濃い赤紫がよいアクセントでちょっと強い感じ。ただ、いつも日陰の場所だとほとんど染まらないで白と緑ばかりでちょっと物足りなく感じる。

実つきがよいので周囲にもよく育っていて、うっかり飛び込むと周囲全体がモミジイチゴの藪だったりするので、注意(棘は鋭く、結構痛い。服なんて貫通する。)
道の脇では棘が多い上に横に張り出して垂れるためか刈られやすい。ちょっと残念。(美味しいし。)

鈴なりの花の様子

モミジイチゴ 全景 モミジイチゴ 花 モミジイチゴ 花 中は花ばかり出たもの、右はバランスよく出たもの。
それにしても、下向きにいっぱい咲くと何となく面白い。(撮影は大変なのだが。)
冬芽につき(短枝につき)一花がほとんどで、たまに二花ついている。葉もせいぜい2、3枚程度。

咲く前から開花へ

モミジイチゴ 開花前の枝 モミジイチゴ 開花前 モミジイチゴ トップ・花
モミジイチゴ 花の拡大 モミジイチゴ 花の拡大・後ろから 開花前はより地味だがよく見ると何だか面白い。
開くと思いのほか大きいと毎年改めて思い知る。なお、萼と小花柄は先端向きに伏し軟毛が密生している。
花弁は、枚数こそやや不安定だが整ったものが多く、先端はしっかり尖る。萼の裂片は披針形で、基部付近で一旦くびれる。また、半分から先端側には鋸歯がある。

葉の形状

モミジイチゴ 葉 モミジイチゴ 葉 よく見れば羽状裂の系統だが、シルエット的には掌状に、5裂する。葉脈がよく窪んで皺深く雄々しい感じ。
荒々しい鋸歯を無視すれば、ややモミジらしく見える葉もある。といってもあくまで羽状裂なので掌状っぽいシルエットに見えるものがそれほど多数見られるわけではなく、育った葉ではほとんどはこの写真のように全体が卵形・長卵形のシルエット。
一箇所からせいぜい3枚程度の葉と1花(たまに2花)が出る。
葉柄には軟毛が生える。

果実の様子

モミジイチゴ 果実 モミジイチゴ 果実
モミジイチゴ 果実 林の中のやや明るく開けたところでアーチのようになったり枝垂れたりする枝に大量に実がぶら下がっている光景は壮観なのだが、コンパクトカメラではピントが全体に深すぎて埋もれてしまう上にAFが妙な位置に合焦するので撮れなかったりする。
いつも撮れずじまい。

モミジイチゴ 果実 モミジイチゴ 果実 モミジイチゴ 若い果実 モミジイチゴ 若い果実
モミジイチゴ 果実 モミジイチゴ 果実 花同様、下向きにつき葉の陰になるので、わりと見つけにくい。ひっそりと熟していく。
熟しても赤くならずオレンジ系の色なので、きつい感じはない。
集合果全体では長さ1.5cmから2cm程度でそれほど大きくはなく、ひとつの液果は長さ4mm程度。とても軟らかいのだが熟してもしばらくは張りがあるため、つやつやしている。
甘酸っぱい。味はやや薄めだが日本の若いサクランボのような味で、私はお店にあるフルーツよりこの方が好き。

冬の姿

モミジイチゴ 冬姿 冬の姿。各葉腋にあるのは冬芽で、蕾ではない。
普通はこの大きな葉はもうはずなのだが、この写真のものの群落ではどれでもいつまでも残っていた(ここのは毎年こう。)。

冬芽の様子

モミジイチゴ 途中の枝と冬芽 モミジイチゴ 先端の枝と冬芽
冬芽の時期の、途中の枝の様子と先端の枝の様子。
先端の枝は棘がかなり少ない。(※同じ個体内の写真。)
モミジイチゴ 冬芽の拡大 結構光沢があり、色もかなり鮮やかな赤。
枝が緑系なので、目立つ。


花確認:
2006(F4)
2007(F3)(F4)
2008(F3)(F4)
2009(F3)(F4)
2010(F3)
2012(F4)
2013(F3)
実確認:
2006(C5)
2007(C5)(C6)
2008(C6)
2010(C5)
2012(C5)
2013(C5)

宮城県版のキイチゴ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。