まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハリゲナタネ

ハリゲナタネ トップ
アブラナ科 アブラナ属
123456789101112

Brassica tornefortii Gouan

花は6.5mmから9mm程度、草丈は30cmから50cm程度、大きな葉が下部にたまり、上部では、脇枝のある場所のみに少しだけあり小さいため、 ひょろ長く見えバランスが悪い(実際には丈夫)。
薄い花色と葉が特徴的。
市街地大通り沿いに、イヌカキネガラシとともに生えていた。

花の拡大・全草の様子

ハリゲナタネ 花 ハリゲナタネ 全草 花弁がかなり薄い黄色で、クリーム色
赤紫味が強い枝では、花弁の基部側が赤っぽく染まっているものもある。
オシベは、花柱と同じ高さになっているものが4本、平開花弁と同じ高さで飛び出ていない短いものが2本の6本。
萼は目立って赤紫のものがほとんど

葉と茎の様子(それぞれ上部・下部)

ハリゲナタネ 葉 ハリゲナタネ 茎 ハリゲナタネ 茎 ハリゲナタネ 葉軸
葉は羽状に極端に深裂(軸がやたら目立つほど)し、各裂片が更にぎざぎざと不規則に羽状深裂し、表面はつやが強く無毛
葉縁、葉裏は毛が多く、葉の軸、葉柄は更に密生する
茎は下部で毛が密生、上部に行くほど少なくなる。
毛は開出した軟毛のように見えるのだが実際には非常に細いよく刺さるものなので、扱いに注意が必要。
葉は下部にかたまり、上部にはあまりない。また、あっても小さい。上部では披針形のものが多い。
葉柄・葉軸は曲げようとするとあっさりぱきっと折れてしまう上にロゼット状に周囲に展開しているので採集して挟むのが困難。
開いたままの傘を挟み板で挟んで潰すような感じ。折らないとまず入りそうにない。
根は太いものがまっすぐ1本。

果実の様子

ハリゲナタネ 果実 ハリゲナタネ 果実 ハリゲナタネ 果実の嘴 果実は花柄が伸びて斜上、果実はほぼまっすぐの形状(ほんの少し湾曲)。
径が2mm程度あり、長さも4cmから6cm程度ある。
フタ部分より先端側はクチバシ状となり、中に数個の種子を含んでいることもある模様長さ1cmから1.5cm程度

果実内の種子の様子

ハリゲナタネ 種子 ハリゲナタネ 種子 フタの開いた果実を写真追加。
仕切りの両側に一列ずつだが、それぞれ完全にぴっちり並んでいるのではなく、仕切りの逆側の影響を受け互い違いに隙間ができる。この並びは特徴的。
外側から見てやたらいびつに見えるのはこのため。
(※外から見ていてわかるように、必ずきれいに「交互」ではない。)

種子の拡大

ハリゲナタネ 種子拡大 種子はかなりきれいな球で、表面は細かい凹凸がある。
2.5mm程度と大きい

秋からの様子(次世代の個体)

ハリゲナタネ ロゼット時期 11月、秋。大量に発芽してロゼットになり大群生していた。この状態で越冬して春にはまた大量の花を咲かせるだろう。

ハリゲナタネ ロゼット時期 ハリゲナタネ ロゼット時期 ハリゲナタネ ロゼット時期
周囲にあるカイワレのような小さい2枚ペアの子葉も多くはハリゲナタネ。中央の写真でロゼットになりつつある株の下の方にも黄色くなったそれが見られる。
ただし、混生するイヌカキネガラシの子葉を確認していない上、どちらにしろ子葉で区別できるとも思えないので、多くは、としておく。
右の写真ではもう花期の個体にやや近い。この時期の葉は、裂片の裂け方がまだ一回羽状+鋸歯、という感じで、まだダイコンに似ている。
この写真の上の方には、イヌカキネガラシのロゼットになりつつある株が写っている。
同じステージで比較すると形状こそ似たような倒披針形だが、既に全く質感も鋸歯も異なる。イヌカキネガラシは鋸歯が前向きで、形状もきれい。表面もつやはないがすべすべしている。
対してハリゲナタネの方は左の写真や中央の写真に写っている通り、鋸歯が和紙をちぎったような汚い感じで表面も毛だらけ。
(右の写真の状態になると全く似ても似つかないが。)

※2007年12月2日、花と実を確認した。東西方向に道路が走る、北側の歩道脇でかつ、その北側が壁。暖かいことが要因だが、ずっと壁があるのにも関わらず一箇所でだけやたら咲いていた。

花確認:
2007(F3)(F4)(F5)(F12)
2008(F3)
実確認:
2007(C4)(C5)(C12)
2008(C3)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。