まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

サルトリイバラ

サルトリイバラ 全景
サルトリイバラ科
シオデ属
Smilax china L.

花は5mm程度、つる性で2mから8m程度。
雌雄異株で、雄株の雄花はオシベ6本、雌株の雌花はメシベ柱頭3裂。
つる性だが巻きつくというより乗っかって引っ掛けて育つ感じ。
元々ユリ科とされたが、最近はユリ科は細分化の動きがあり、サルトリイバラ科とされる模様。

なお、周辺では雌株があまり見当たらない。雄株の方は多数あり…雌株がないため殖えることはほとんどないが同じ個体が年々成長を続け巨大化している。

少し離れた様子

サルトリイバラ 全景 サルトリイバラ 枝先・花序 こうして写真で見ると地味だが、実物では花は(渋いものの)明るい黄緑なので結構きれい。

花序の様子・苞

サルトリイバラ 花序 サルトリイバラ 苞葉 散形に近く詰まった総状に小花柄が付き、各基部にくしゃっとした苞がつく。

雄株の雄花

サルトリイバラ 雄花 サルトリイバラ 雄花 花被片は透明味の少しある渋い黄緑で、煎茶の色のよう。くるりと反り返り巻く。
外花被片は大きく幅があり、内花被片は細い。
オシベは3・2・1のピラミッド状になって面白い。

雌株の雌花

サルトリイバラ 雌花 サルトリイバラ 雌花 花被片は透明味の少しある渋い黄緑で、煎茶の色のよう。くるりと反り返り巻く。
外花被片は大きく幅があり、内花被片は細い。
メシベは柱頭が3つ、卵形で毛深い。子房がかわいらしい。

葉とつる・茎の様子

サルトリイバラ 葉 サルトリイバラ 葉 サルトリイバラ 茎の棘 葉は互生し卵形で、主脈が縦に走り先端で合流する。
大きくなるまでは上向きになっているので帆のよう。目立つ。
葉柄の中途で曲がり、その部分の左右に角のようにつるが生え、 段々伸びていろいろなものに引っかかる。
葉の縁や中央部が紫色になっているものが多い。
葉は大きくなると幅も広がり縁が先端を追い越し先端が窪む。
普通長さ5cmから7cm程度だが、たまに大きなものがあり、花期に13cm程度あるものもある。ただし、今のところかなり条件のよい場所に生育しているものでのみ確認。(数は結構見られる。)
果実の時期であれば更に大きくなり20cm近くなり顔なんかはるかに凌ぐようなものも見られるようになる。(千葉県・宮城県にて)

茎は緑と茶紫のまだらで、かなり丈夫、まばらに0.5mm程度の赤い下向きの棘が生える。思いのほか硬く、しかも先は鋭い。

果実の様子

サルトリイバラ 果実 サルトリイバラ 果実 サルトリイバラ 果実 7mmから8mm程度のつやのある赤い果実。横に少し広いというかややつぶれている。

冬芽の様子から展開・開花へ

サルトリイバラ 冬芽 枯れた葉柄の中に下面半分が埋もれた濃い赤紫の冬芽。枯れた部分も有効利用(保温他)。
当然ひげも残っているので面白い。

サルトリイバラ 若い花 サルトリイバラ 若い花 サルトリイバラ 若い花
サルトリイバラ 若い花 芽吹くと同時に即、花も咲きこんな感じ。
元の葉柄を割って出てくる。


花確認:
2007(F4)
2008(F4)
2009(F4)
2010(F4)
実確認:
2007(C6)(C7)(C12)
2008(C1)(C10)(C11)
2012(C8)(C12)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。