まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ゴヨウアケビ

ゴヨウアケビ トップ
アケビ科 アケビ属
123456789101112

Akebia x pentaphylla (Makino) Makino

花は雌雄あり、雌花は1.5cmから2cm程度、雄花は6mmから7mm程度で、アケビとミツバアケビの中間のサイズ。ただし結構まちまちで、ミツバアケビより更に小さい場合もある。
つる性の木本で長さは数m。
アケビとミツバアケビの雑種とされているが、実際は不明。
性質は両種の中間の範囲でわりと多様に変化し、アケビやミツバアケビに酷似する葉も見当たるが、小葉の枚数も形も株内で安定しない個体が多い。
花色はミツバアケビに近い濃いものだが、少しだけ薄いか彩度が低い。
アケビやミツバアケビは環境により小葉が15cm程度もある巨大葉の個体が見られるが、今のところゴヨウアケビではそれらと混生していても葉は小さめ。

家の周辺では各所の林やフェンスにアケビ・ミツバアケビともわりと多数生えているためか、ゴヨウアケビもそれらのそばにかなり多数見られる。
サイトによっては実がならないとされているようだが、株によってはうまく行くと大きな実をつける

全景の様子

ゴヨウアケビ 全景 ゴヨウアケビ 全景 左は、林縁で上から下までゴヨウアケビの巨大株が育っていたのを、一部ぱちりと。日陰で色が変だが。中央も同じ株の、上の方で日の当たっている所を撮ったもの。
小葉の形と枚数バランスで、遠目にもすぐそれと分かる。

花序・花の様子

ゴヨウアケビ 花序 ゴヨウアケビ 花序 花序は長細い不整な総状で雌花は基部近くに数個だけつき、雄花は先端側に多数つく。
この写真は、分かりやすい、長い総状に伸びたもの。ただ数で言えば、全景の様子の方の写真のようにごちゃっとかたまっている花序の個体の方が多い。
また、アケビと異なりシベと萼が同じような色で、環境によっては小花柄・花柄も色がつくため、シンプルでごちゃごちゃっと細かくかたまった花序に見える。

花は雄花・雌花とも基本的に花弁を欠き3枚のレモン形で丸っこく舟になった萼片をつける。
スナック菓子の好きな人には、「おさつスナック」の形と言えば通じるか…。
ゴヨウアケビ 雄花 ゴヨウアケビ 雄花 雄花は萼片がしっかり開き後方に反る。反っても、萼片自体の反り方はあくまで前側になっている。
ヘアブラシのように花糸が途中からなだらかに太るオシベを4本~8本程度出す。先端側(葯隔側)は断面が外向きのU字(とい形)になり、それぞれの縁に外向きに縦長の半葯をつける。縦方向に裂開して水色っぽい花粉を出す。
(オシベはこの頃にはそれぞれ外側に斜上するが、最初は寄り添っているので縦の模様がある球体っぽくなっている。)
オシベの束の中央には退化したメシベの残骸が見られる。

ゴヨウアケビ 雌花 ゴヨウアケビ 雌花 ゴヨウアケビ 多萼になった花 雌花は萼片が水平よりやや狭い感じに中途半端に開き、全体を緩く包む。
中央に、基部側2/3くらいの位置を中心に少し太った長い円柱状の子房を4~8本程度、斜上してつける。本数はかなり不安定。子房には内向きの位置に筋がある。先端には一見円盤状になったつやのある柱頭がある。よく見ると子房の筋の延長上の位置は括れているため、太ったCの字っぽい。
子房の束の外周には、子房とずれた位置に退化したオシベの残骸がついているが、きちんと形を保っているものや結構大きくなっているものも見られる。元々不安定な性質の植物のようなので、ひょっとしたら機能するオシベをたまたまつける個体もあるかもしれない。今のところ、見つけていない。

萼片はたまに枚数が増え、4枚ついている。(※この写真のものは、花弁の位置ではないので萼片が増えたもの。アケビで確認しているが花弁を復活させている個体もあるので、見つかればいいなと思っている。)

葉の様子

ゴヨウアケビ 色々な枚数の小葉 ゴヨウアケビ 葉 ゴヨウアケビ 葉 ゴヨウアケビ 葉
ゴヨウアケビ 葉 ゴヨウアケビ 葉 ゴヨウアケビ 葉 一応、5枚を基本とし、掌状複葉で、株内ですぐ隣の葉同士でも3枚から6枚の葉を混在させるものが普通。2割程度は5枚以外、というのが普通か。
下に記述するように様々な形状だが、縁が浅い波状で重心が基部寄り、幅はアケビより広くミツバアケビより狭いものが多い。
表面には白っぽく薄くなったかすれ模様が出るものもある。(アケビの仲間みんな。)

葉形について

ゴヨウアケビ 葉のバリエーション アケビとミツバアケビの間をちょうど埋めるように変異の範囲がある。
葉の中の丸印はぱっと見の重心位置。

特殊な葉

ゴヨウアケビ 鳥足状複葉化した葉 元々不安定で形態の変異が多い種類だが、掌状複葉ではなく鳥足状複葉風に段階的な枝分かれをする葉がまれに見られる
(一瞬ヤブガラシだと思った人…それは私。でも、各部全く異なる。)
「鳥足状複葉のつる植物でこんな脈・葉形・葉縁・小葉柄・葉柄基部…う~ん。」と、とりあえず何だか判らず困ったりする。各部の感じからはゴヨウアケビだろうと思ったものの、当然自分を信じきれず茎を辿って他の葉が普通なのを確認。…やはりただのゴヨウアケビだった。(一枚だけが変だった。)

念のため追加…
ゴヨウアケビ ゴヨウアケビ 左がこの葉のアップ、右は別の場所のゴヨウアケビ(※写ってる部分は3枚小葉の葉だけど枚数まちまち。ミツバアケビじゃない。)。小葉柄の形態や上面の窪み方、葉面の質感や表面の面部の模様・脈の入り方を比べる。

ゴヨウアケビ アケビ 左がこの葉のアップ、右は別の場所のアケビ。円形断面に筋が入る若い茎・葉柄基部の形状とつき方を比べる。

果実の様子(とその株の、連続する3節の葉)

ゴヨウアケビ 果実 ゴヨウアケビ 果実 果実の形状はミツバアケビとアケビの中間のような形で、長さは8cmから12cm程度。太くて、ずっしりしている。

ゴヨウアケビ 葉 ゴヨウアケビ 葉
ゴヨウアケビ 葉 (3枚の葉が、連続してこの順についていた。)
つるが複雑に絡んでいる点もあり、念のため、他が絡んでいないか確認するため指で全部を根元まで辿り最終的に一株のみであることを現物で確認。
また、葉も連続する3節を追うと4小葉→3小葉→5小葉というつき方でいつも通り不安定になっているのも確認、小葉の形状も完全にゴヨウアケビのもの。そもそもこの株は花期にも確認した継続して観察していた株で、確かにゴヨウアケビの花だった。


花確認:
2007(F4)
2009(F4)
2013(F4)
実確認:
2012(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。