まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キジムシロ

キジムシロ トップ
バラ科
キジムシロ属
Potentilla sprengeliana Lehm.

花は径1.8cmから2.3cm程度、時折、整った小さな花(1cmから1.2cm程度)の個体もある(両極な感じ。)。這うので高さは大抵3cmから8cm程度にしかなっていないが、長さは20cmから30cm程度。放射して枝を出し丸く広がって多数の茎にそれぞれ花をつけて目立っている個体も多い。
毛だらけで太さ2.5mm程度ある、大抵赤紫に染まっている茎・花柄と、株元の方の間延びした頭大の奇数羽状複葉が目立つ。
花序の花つきはよい。

全景

キジムシロ 全景 キジムシロ 全景 キジムシロ 全景
先端以外ほとんど地を這うので、草むらで見つけた時に見える範囲は下草が多い場所ではこんな程度だけのもの(左以外)が多い。
各枝先の方で数花ずつつけ緩い花序を形成するがはっきりとかたまって皿のようになることは少ない。
中部以下の節間がかなり長いため、羽状複葉になっている葉と一緒に整った花序を撮れる個体を探すのが大変。…。(あっても草むらの中なので写らない。)
一枚目のようにきれいに丸く拡がって葉も花も撮れる個体に出会えるかは運次第。

花序と花の拡大・萼片・副萼片の様子

キジムシロ 花序 キジムシロ 花序 キジムシロ 蕾・花
花序内で一斉に咲いていることはないのでちょこちょこと黄色が点在するような感じ。やたら派手な印象にはならない。
ただ、近くで見ていると毛が暑苦しい。
キジムシロ 花 キジムシロ 花 キジムシロ 花
花弁はかなり幅広くふっくらした広倒卵形で先端中央は窪むかきりっと切れ込むので一応倒心形。全体に丸みがあり、互いにやや重なることが多い。平開はせず浅皿状になっている。
肉眼ではよほど直射日光が照り付けていない限り陰影もちゃんと分かるが、普通にデジタルカメラで撮影すると黄色一色に明るく飛んでしまう。アンダーにすると写るが柔らかい感じがどうも消えてしまうので、それよりはクリアファイルをかざして微遮光して撮る方がよい。
結構強い色だが山吹色のような赤被りではない黄色がベースで、花弁の基部側のみ色が異なり山吹色になっているものが多い。
なお、意表をついて裏面は白い。
あまり丈夫な花弁ではなく、わりと早くに脱落したり傷んだりする。
キジムシロ 花・萼片 副萼片は披針形に近い細いもので、普通の萼片より小さい。また、花弁が萼より大きいので花弁が重なっている場合は萼片も複萼片も正面からは見えない。

葉と茎の様子

キジムシロ 下部の葉 キジムシロ 下部の葉 キジムシロ 下部の葉 キジムシロ 中部の葉
葉は下部で5枚から7枚程度の奇数羽状複葉で、小葉は頂小葉に向かって段々大きくなる。
一枚目や二枚目のような葉なら誰でもすぐ分かるだろうが、三枚目のような間隔の空いた形態だと草むらの中に埋もれている場合羽状であることに気づかない人も結構いるので、注意。
縁の鋸歯は卵形で整った形状、多少基部が重なる。側小葉の対同士の間は間延びして、葉軸が目立つ。小葉の基部は弱めのくさび形で、形状はかなり丸っこい。
表面にも前方に伏した毛が密生しているが、時間の経ったものでは目立たない。
若い葉面や丈夫に大きく育っている葉では脈が皺深いが、どれもそうというわけではないのでミツバツチグリとの葉質の差はあまり頭に入れていない方がよい。
株元付近の葉以外は上部ではなくても四枚目の写真のように大抵三枚しか出ていないので、別種(例えばミツバツチグリ等)との誤認注意。
上部では小葉は極端に細く、披針形・倒披針形等になっていることも多い。先端側の一部にしか鋸歯がない。

キジムシロ 茎の毛 茎は目立って赤く白い開出した少し縮れた軟毛が密生する。アクリル毛っぽくてちょっと暑苦しい。


花確認:
2007(F4)(F5)
2008(F4)
2010(F4)
2011(F4)

宮城県版のキジムシロ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。